はじめての、気持ち悪い・・・  2008年日本滞在記

今日は、父が中学の同窓会に出席するのに便乗して、
残りの私達も、父の生まれ故郷に日帰りで行って来ました。
鳥取です。
峠道にょろにょろです。
花南がえらいことになりました・・・

今朝は、母のお友達がイチゴ狩りにさそってくださり、
朝8時から母と花南が行ってきて、
摘みながら結構食べ、
どっさりイチゴを持って帰ってきました。

それから家を出発。
目的地までは1時間半強です。

その途中、峠道を通ります。

耳がキーンというので、耳抜きをさせるために時々水を飲みなさい、
といっていたのですが、
「ここで休憩しようね」と言っていた、
峠を越えて少し行ったところにある「道の駅」(休憩所)に着く15分ほど前から

「耳が痛い」
「頭がいたい」
「お友達(私のいとこの子供)の所に行ってねんねしたい」
「花南、もう待てない・・・」
ぐずぐずぐずぐず・・・・・

ず〜っとぐずぐず。

星南は峠に入る前から寝てしまってました。
でも、花南がずっとこんな調子なので、
私の両親も参ってしまってました。

道の駅について、ばばに手を引かれてジュースを買ってもらいに花南はお店に入っていきました。
私はまだ寝ている星南につきあって車中に残っていて、
じじはタバコを吸いに車外へ。

そうしているうちに
花南の大きな、大きな泣き声が聞こえてきました。
じじが様子を見に行って、すぐに出てきて、私を手招きします。

どうやら、花南は店内でげろったそうです・・・・

星南はじじがみておくから、いってやれ、いってくれたので、
パニックになっている花南の所へ・・・
ばばも軽くパニックでした。

かわいそうに。
耳が痛いとか、ねんねしたい、とか言っていたのは、
「車に酔った」という初めての体験だったから、
自分の状態を言葉にして伝えられなかったからなんだ・・・
お店の中を歩いていて、
ぶあ〜っとお腹のなかのものが口から出てきて、
びっくりしたんだろうね。かわいそうに。
ばばにトイレに連れて行ってもらって、
まだトイレでゲボゲボ言っている花南は、
私の顔を見てまた大泣き。

「もう、花南、イチゴは食べたくない〜!」
うえ〜〜ん、うえーん

と花南は号泣です。
またおもろいこといいました、この子。
げろまみれになりながら、ネタくりもわすれない。
見上げたプロ意識です。

うそ。

朝、いっぱいイチゴ食べたから、
げーしたと思ったんでしょうね。
水やらシャーベットやらもらったら、
元気になりました、花南。

また1つ、初体験 in Japan



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ