指しゃぶりバスター 続編  ゴールドコーストで子育て

昨日、実家の母から届いた、シリコン製のDr.Thumb−指しゃぶりバスターを早速セナの指に装着してみました。

クリックすると元のサイズで表示します


不思議そうに、うっとおしそうにものを見つめるセナ・・・
そして次の瞬間、


はずして〜!!!!

クリックすると元のサイズで表示します

そうは問屋が卸しませんことよ、セナさん。

しばらくいやそうにしてましたが、
そのうちになれて、普通になりました。
ご飯を食べるときや、外で遊ぶときなんかははずしてますが、
車に乗っているとき、
ボーっとしているとき、
寝るときなんかは必ずつけてます。

最初の2〜3週間が大切なんだそうです。

さてさて。
治るかな、指しゃぶり。







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ