そりゃ手先が器用になりますよね  ゴールドコーストで子育て

オンライン書店ビーケーワンで、よく買い物させてもらってます。
海外発送の送料はもちろんいりますが、
手数料がかからないんですよ。
ときどき割引券がメールで届くし。
それに海外向けの雑誌の定期購読サービスも始まってます。

とまあ、ビーケーワンのマワシモノではありませんが、
結構気に入って利用してまして、
私の雑誌と一緒にハナの雑誌も講読をはじめてみました。

小学館の「めばえ」っていうやつ。

すごいですね〜
小ネタ満載、この雑誌。

いろいろなキャラクターがどんどん出てくるし、
それになんと言っても、

「点線に沿って切り離し、ここを山折り、そこは谷折り・・・」
で出来上がるちいこい工作ものがいっぱい。

この「めばえ」は2〜4歳向けの雑誌ですが、
こんな年齢のころから、
こんな細かな作業に触れる機会にあふれている日本の子供たち。
そりゃあ、手先が器用になるはずだわなあ、と、
感慨にふけってしまいました。

ハナは、はじめてこういった工作ものにチャレンジしましたが、やっぱりあまり上手に出来ず、私がいっぱい手伝いました、今回。
切り離すものが直線だったら
まあまあ上手に出来るんですが、
カーブしてたり、
向こう側に差し込む為に突起している部分、とかがあると、
びりびり〜とやぶっちゃいます。

でもすごく真剣に、楽しそうに取り組んでいました。
しばらく続けてみようと思います。

夕食の前にハナと夫がその雑誌で遊んでいるときに、

「いちごパフェの、いちごの部分を指でこすってみてね。
いちごのにおいがするよ!」

っていうシートをハナが見つけて、
これは何かと夫に質問してました。

夫もわからず、私のところへ聞きにきました。

こういうのって、私が子供のときからありましたよ。ね。

「こうやってね、指でこするのよ。そうしたら、ほら、
指がいちごのにおい!!」

って説明してあげると、
夫、目をまん丸にしておりました。
「すごい!」だって。

日本の子供は物に恵まれているんだね。
オーストラリアには子供向けのこんな雑誌、ないもんね。

と思った出来事でした。








トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ