あの苦労の日々は・・・  ゴールドコースト生活

、なんだったのだろう?と思わせるような一品。

クリックすると元のサイズで表示します


さすがゴールドコースト。
日本の食材にはほとんど困ることはありません。
ふわふわお好み焼きに必需品の山芋も、
このとおり、“ずばりのもの”が手に入ります。

ブリスベン時代、お好み焼きに入れるための山芋を捜し求めて、
苦労しました・・・・(大げさですが)
結局、日曜の朝市で、アイランダー系のおばちゃんが売っていた
「スライミー・ポテト」に出会って、
ことは一件落着。
周りの友達とそういった情報をシェアして、
大変でしたが、結構楽しい「宝物探し」でした。
いも、中くらいのガ1つ40セント(40円くらい)だったので、
あくを抜いてすりおろし、
小分けにして冷凍しておけば、10回分ぐらいのお好み焼きに
使えました。超・経済的。

写真のやまと芋(冷凍)、
たぶん100グラムとか、150グラムぐらいのものだったと思います。
それで2ドル50セント。
高いっす!!!
お好み焼きに入れるのがもったいないくらい・・・・
でも入れないとおいしないしなぁぁぁ。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ