じじとばばが恋しいセナ  ゴールドコースト生活

帰豪してすでに2週間以上が過ぎ、
私はすっかりいつものリズムに戻り、
ハナも、保育園に行ったり、スイミングに行ったりと、ちゃんと日常に戻っています。

でも、セナが、いまだ日本での出来事とここでの生活との区別がちゃんとついていないようで、
日本にいるじじとばばを恋しがっている様子をちらほら見せます。

私たちがこれまで日本に帰ったときに撮った写真や、
じじとばばがここに来てくれたときの写真をいくつか抜粋して
「日本の家族アルバム」を本棚においてあって、
いつでも子供たちが見れるようにしています。
それを、セナは一日に何度も見ては、
「じじ。ばば。」と指差して呼んでいます。

じじ・ばば・ハナ・セナが一緒に写っているいい写真を額に入れて、
よく見えるところにもおいています。
それが目に入るたびに、また「じじ。ばば。」と呼びます。

すぐ近所に住んでいる、と思っているのかな。
じじとばばは、ちょっといま出かけているだけ、と思っているのかな。

みんなが元気にしていたら、また会えるからね。
またすぐにじじやばばや、いろんな人たちに会いにいこうね、セナちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ