今のところ、英語も日本語も上手に使いこなしている花南ですが、
日本語の「サ行」の発音が、おかしいんです。

「さしすせそ」を言うとき、thの発音になるんです。
つまり、舌を上下の前歯でかむ。

「さむい」も「Thあむい」
「する」も「Through」みたいです。
「さざえさん」に関しては、舌がでっぱなしです。

夫は、そのうちに直る、というので大して心配はしていませんが、
会話しているときに、彼女の舌が気になる母なのです。

凶器なキッチン用品  ゴールドコースト生活

ブリスベンに住んでいたころ、買う買わないは置いといて、キッチン用品のセールのたびに寄っていた百貨店。
百貨店は、車ですぐそこのところのショッピングセンターに入っている、
とても身近な場所でした。

けれど、ゴールドコーストに引っ越してから・・・・
というか、私の住んでいるところが「ゴールドコースト」と呼んでもいいのだろうか?とおもわれるほど、
GCの中心地から外れているからでしょうが・・・・
百貨店が入っているショッピングセンターまで車で40分くらいかかります。
遠い・遠い存在の百貨店です。
とうぜん、キッチン用品セールだけのために、そんな遠くまで行くことはありません。

なので、今回日本に規制した際に、これだけはゲットしてこよう、と思っていた「小物」がありました。
それが、これらです。

クリックすると元のサイズで表示します

@包丁とぎ
Aステンレス製おろし金

この子達、両方とも「凶器」です。
続きを読む

始まってます、魔の二歳  ゴールドコーストで子育て

来月末にお誕生日を迎える星南ですが、
2歳「本番」を目の前にして、すでに「魔の二歳」は始まっています。

クリックすると元のサイズで表示します



続きを読む

ハナのちょうちょう結び  ゴールドコーストで子育て

両親から「負けず嫌い」をもれなく受け継いだわが長女・花南が、その本領を発揮し、チョウチョウ結びを体得!クリックすると元のサイズで表示します









クリックすると元のサイズで表示します




家じゅう、チョウチョウ結びができそうなものはおおよそ、
花南によるワークがなされ、
いやがる星南を押さえつけてそのガウンの紐もチョウチョウ結びにし、この怪獣、縦横無尽にあばれまわります。

じょうずに「けしかける」と、
やれるまで粘り強くやってしまう花南です。
時に、わが娘ながらいい根性している、と思います。

星南はどんな子になるのかなあ・・・
今のところ星南は、なんでも「ママ、ママ」で、ヘタレを地でいってます。
クリックすると元のサイズで表示します


こういうのっていいよね。カエルレース続編  ゴールドコーストで子育て

子供たちには大盛況のうちに終了した折り紙教室&カエルレース。

レースを前に、私はぴょんぴょんかえるをたくさん折りながら、
レースだからなにか日本的な「賞品」を用意したほうがいいのかなあ・・
なんておもいましたが、結局何も用意しませんでした。

当日、レース前に、ハナのクラスの先生・キャレン先生が子供たちにこういいました。

みんな、レースをするんだけどね、勝っても今日は何も賞品ないのよ。
楽しむためにレースをするの。
だけど、レースだから勝とうとしなくちゃだめよ〜
でもそれは、楽しむために勝とうとするのよ!

Ok,kids?
We are doing the froggy race to just have・・・・・?

(いい?みんな?レースは何のためにするんだった?)

って、先生がみんなに聞くと、
子供たちが声をそろえて、

「FUUUUUUN!!!」
(「楽しむため!!!」)

って言ったんです。

これを聞いて、ああ、こういうのってすごくいいなあ、と思いました。

日本では、いじめが起きるから?
不公平だから?という理由で?
運動会での徒競走で順位を決めなかったり、
みんなが一等賞、っていうのをすることがあると聞いたことがあります。(本当でしょうか?)

でも、それって健全じゃないですよね?

ハナのクラスの先生、キャレン先生は、いつでもあふれんばかりの愛情を持って子供たちに接しておられる、尊敬に値する方です。
やさしいだけじゃなくて、正しいことをきちんと、変に色をつけずにストレートに子供たちに伝えている、そんな感じです。
私は自分の娘を、この先生のクラスに送れることをとてもうれしく思います。

そんな先生に先導される子供たちは、さっき、楽しむためにレースをするって宣言したとおり、
レースにとても真剣に楽しんでとりくんでいました。
優勝した子には、みんなで「イエ〜イ!!」と、
スタンディング・オベーションで拍手!

ああ、こういうのって素敵だなあ。
と思った瞬間でした。

ここでは、4〜5歳児が人生を学んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

(一番手前でカメラを構えているのがキャレン先生。)

カエルレース、の巻  ゴールドコーストで子育て

ハナのデイケアの先生との約束、「日本の文化を子供たちに紹介する」プログラム、
本日つつがなく遂行してまいりました。

折り紙でぴょんぴょんかえるを作り、カエルレース!です。

クリックすると元のサイズで表示します

子供たち、先生方に大うけで、ほっと一安心!
たくさん記事も書いていたんですが、続けて3回もエラーが出て文章がすべて消えてしまい、へこみまくり、こんな簡素化された日記になってしまいました。
すみませ〜ん。

でも大成功です。
ナイスな案をくれたKeikoちゃん、ありがとう!!

じじとばばが恋しいセナ  ゴールドコースト生活

帰豪してすでに2週間以上が過ぎ、
私はすっかりいつものリズムに戻り、
ハナも、保育園に行ったり、スイミングに行ったりと、ちゃんと日常に戻っています。

でも、セナが、いまだ日本での出来事とここでの生活との区別がちゃんとついていないようで、
日本にいるじじとばばを恋しがっている様子をちらほら見せます。

私たちがこれまで日本に帰ったときに撮った写真や、
じじとばばがここに来てくれたときの写真をいくつか抜粋して
「日本の家族アルバム」を本棚においてあって、
いつでも子供たちが見れるようにしています。
それを、セナは一日に何度も見ては、
「じじ。ばば。」と指差して呼んでいます。

じじ・ばば・ハナ・セナが一緒に写っているいい写真を額に入れて、
よく見えるところにもおいています。
それが目に入るたびに、また「じじ。ばば。」と呼びます。

すぐ近所に住んでいる、と思っているのかな。
じじとばばは、ちょっといま出かけているだけ、と思っているのかな。

みんなが元気にしていたら、また会えるからね。
またすぐにじじやばばや、いろんな人たちに会いにいこうね、セナちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します

子供のイマジネーション 2  ゴールドコーストで子育て

あの手作りブランコを発案した次の日も、
ハナはやっぱりそのブランコで楽しそうに遊んでいました。

そして、

新発売のスウィング(ブランコ)はたのし〜な〜!!」

というので、

「なんで、『新発売』なん? 『新発明』とかじゃないの?」と聞くと、

「ばばのおうちのテレビが『新発売』って言ってたから、ハナ、真似してるの。」

だって!

そうだよねぇ。
日本では「新発売」が常時、目白押しで、
テレビでいつも「新発売」っていってたもんねえ。

こんな視点もおもしろい。

豪も、もうちょっと「新発売」のサイクルをあげてみたら面白いと思うのになあ〜

子供のイマジネーション  ゴールドコーストで子育て

今日は日曜日。
午後からはひさしぶりに、ほんとうにの〜んびりとすごしました。

夫に子供たちを庭で遊ばせてもらって、
わたしは掃除機をかけ、モップをかけ、拭き掃除をし、トイレ掃除もし・・・
って、どこがのんびりやねん!!

だけど、子供が無邪気に庭で遊んでいる様子を見ながら掃除をしていると、
心だけでものんびりしました。

クリックすると元のサイズで表示します


ハナが縄跳びや、ちょっとながいロープを使って、おもしろいことをはじめました。


続きを読む


帰豪してからこっち、花南が保育園に行く日が雨だったり、外で遊ぶには寒かったりして、
どうやら保育園で、DVDを見る機会が何度かあったらしく、
その影響で、花南、いまさらながらにドーラにはまっています。

家でもドーラがみたいとせがまれ、
お得意の図書館でDVDを借りてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む




AutoPage最新お知らせ