とうとう戻ってまいりました!2  2008年日本滞在記

さて、帰路のお話、第二段です。
え?長いって?
だって、本当になが〜い帰路でしたから・・・
続きを読む

とうとう戻ってまいりました!  2008年日本滞在記

さ〜て、みなさん、とうとう豪に帰ってきました!!!

ひとこと。

疲れた〜。もう二度とこんな事やりたくない!!

なにを、って?
関空で搭乗手続きして初めて、
ケアンズ〜ブリスベン間はドメスティック(オーストラリア国内線)だと気づいたんです。あほ。おおあほ。

イコール、
ケアンズで一度チェックアウトして、
全ての荷物とともに税関を通過し、
その全ての荷物をトローリーに乗せて
国内線ターミナルまで移動しなくてはいけません。

なんてこった、おーまいぐっどねす。
読むだけで筋肉痛になりそうなお話の始まり始まり・・・
続きを読む

いよいよ帰豪  2008年日本滞在記

さ〜て、当初予定していたよりも長きにわたった今回の帰省。
7週間も実家でただ飯くらってしまいました。

が、いよいよ本日、帰豪のはこびとなりました。
夜10時過ぎのフライトでオーストラリアに帰ります。

予算の都合でケアンズ経由の便になり、ケアンズに朝6時半についた後、4時間待ち。
(ぎょえ〜
12時半にブリスベン空港に到着予定です。

問題は荷物。
想像したよりも荷物が多くなってしまい、すでに本のBOX1つと、衣料のBOXを1つ郵便局から送っています。
来る時には大きなスーツケース2つと中ぐらいのキャリーバッグ持参だったのですが、
帰るときにはそれに一回り小さいスーツケースを追加し、
キャリーバッグはもちこみ荷物にしました。

このキャリーバッグもかなりおもく、
持ち込み荷物は一人7キロまでと決まっていますが、
「二人分です」と言って通してもらおう・・・・と・・・
通るかなぁ。
預ける荷物も一人20kgで、JAL時代は少々超過しても許してくれたりしたんですが、
ジェットスターは「200グラム超過してます」と指摘されるくらい厳しいらしく、ビビッてます、私。

どう考えても1つのスーツケースは20kg越えていると思われます。
「抜く要員」荷物をスーツケース内にスタンバイさせてますから、注意されたらそれを抜く予定です。

はぁぁぁ。どうなる事やら。

私達が帰っちゃった後の両親の寂しさをおもったらやりきれませんが、
とりあえず今は、ちゃんと搭乗できるか、ケアンズ空港で時間をやり過ごせるか、
ブリスベンで夫の顔を見るまで頑張らなくちゃ、という思いの方が強い、かな。
それでも、空港で子供たちがじじとばばに「ばいばい」っていう時の事を思ったら、涙が出そうです。

それじゃ、次のアップは帰豪後に。

ブルーベリーと鮎  2008年日本滞在記

帰豪まであと3日。
まだまだアクティブに行きますよ〜

今日は、ブルーベリーの摘み取り園「木の実の森」に、
母がオーナーとなっている木々のブルーベリーを摘みに、
みんなでくりだしてきました。
続きを読む

数学的証明ならぬ、花南的証明  2008年日本滞在記

今日、花南がいっしょにお風呂に入っている時にとってもおもしろい事をいいました。

花南:「ママ、お風呂はきもちがいいね。」
私 :「ホントねえ。きもちがいいねえ。」
花南:「お布団もきもちがいいねえ。」
私 :「うん、ふかふかしてきもちがいいねえ。」
花南:「じゃあ、ママ、お風呂はお布団だねえ。」
私 :「・・・ん!それ、あってるよ、花南!」

A=B、B=C、ゆえにA=Cである、みたい。
花南的証明問題、でした。

こんな発想豊かな花南は、
NHKの「おかあさんといっしょ」という番組をみている時に
でこぼこフレンズ」というコーナーになると、
じゃじゃぁん「でっこぼっこフレ〜ンズ! 
という決まり台詞のところで
でっこぼっこデ〜ス!!」
と音量最大にして叫びます。
何度、「『フレーンズ』だよ。」といってもへこたれずにでこぼこになりつづける粘り強さも兼ね備えてます。

ただの、思い込みの激しい娘、なんでしょうか・・・・

花南の歯4 と やさいたち  2008年日本滞在記

昨日、花南は抜糸のために、また歯科を訪れました。

いつもの先生に「こんにちは」を言ってから、
診察台に乗りました。

花南:「先生、今日、痛い?糸を切るんでしょう?」
先生:「うん、糸をちょっと引っ張った時にちくっとするかもしれ  
    ないけど、こないだみたいには痛くないよ。」
花南:「痛いよぉ・・(泣き顔)泣いてもいいの?」
先生:「いいよ、いくらでも泣いていいよ。でも動かないでね。」

という会話の後、処置が始まりました。
先生に「泣いてもいい」とのお許しをもらった花南は、心置きなく泣き叫び・・・

無事に5針縫ってもらった糸の抜糸が終了。
来週もう一度チェックアップに行く予定でしたが、
きれいに治ってきているとのことで、もうチェックアップも必要なし、とのお墨付きをもらい、これにて歯の治療in日本は終わりです。

お疲れ様、花南。

あっけなく抜糸を終わらせ、やっぱり元気いっぱいの花南。
帰宅後、ばばの畑にいってジャガイモ堀を体験しました。
とっても楽しかったね!
星南はその間、土から出てきただんご虫採集に大忙しでした。

ばばは農家から畑を借りていて、いろいろな野菜や果物やお花を作っています。
そこでできた、今ならキュウリやトマトや・・・
それにばばの畑友達が、採れたてのイチゴや玉ねぎや大根やパプリカやいんげんまめ、それはもう、いろんなものを分けてくれるんです。

それに、ばばのお庭には、今、ちらほらと食べごろのブルーベリーが採れます。
これは、星南のお気に入り。
毎日ばばとお庭に出てブルーベリーをつまみ食いです。

こんな贅沢なものを、毎回の食卓にふんだんに使って食べていたら、歯もちゃ〜んと治っちゃったね。
私も子育てが落ち着いたら、こういうことをやってみたいな、と思います。





  

初恋の人  2008年日本滞在記

日本には、大きなスーツケース2個とキャリーバッグを持って来たんですけど、
豪に帰る時はやっぱりそれでは荷物が収まりきらず、
やっぱりもう1つ中くらいの大きさのスーツケースを、
今日、購入してきました。

そうしたら、到着したショッピングセンターの駐車場で、
私の初恋の人が、
私の運転する車の前を歩いて横切りました。


どきっ

その人は小学校の時に好きだった人で、
もうなんというか、ひねくれたところのない、かわいい男の子でした。
中学校からだったか、高校からだったか、
学区の外の私立の学校に行ってしまって、
最後に会ったのがいつだったかもう思い出せないくらい昔の思い出です。

彼の父親の会社を継いで頑張っていると聞いていて、
いつも車で通る道のすぐ横に、その会社があるのですが、本当に久しぶりに見かけました。

スーツケースをみている時に、レジの所に彼がいるのがちらっとまた見えましたが、
声は掛けず。

とても健康そうないい青年になっていました。
当時の面影を残しつつ、とても逞しくなっていました。
それをみて、私は、単純にうれしくなってしまいました。

彼の幸せな生活を祈りつつ、
私はとてもいい気持ちになって、買い物を続けました。
気持ちも優しくなって、私は母親にカットソーまで買ってしまっていたのでした・・・


ぬいぐるみミュージカル  2008年日本滞在記

花南は歯の処置後、ちゃんと抗生物質も指示通りに飲んでいるし、
イソジンで何か食べた後は必ずうがいしているし、おかげさまで順調に回復しているように思われます。

今日は、花南と二人で劇団銀河鉄道という劇団公演の『ピノキオ』というミュージカルを見てきました。
子供向けの「ぬいぐるみミュージカル」です。

クリックすると元のサイズで表示します



続きを読む

花南の歯3  2008年日本滞在記

現在午後1時前。
今日、花南は、3時からの予定で前歯の過剰歯を摘出する処置を受けます。

私は二晩良く眠れませんでした。

本人は今日の午後デンティストに行くって知っています。
「口をゆすいだ時にちょっと血が出てるかもしれないけれど、大丈夫だからね。お口の怪我はすぐに治るって、ママいつも言っているでしょう?」
と聞いただけで、血に弱い花南は、「痛い、痛いもん!」と泣き出しちゃいました。
言うんじゃなかった・・・

2時過ぎに父の運転で病院に向かいます。
術後、「続きを読む」で、様子をアップする予定です。

あ〜、どうしよ、いやだなあ。
続きを読む

日本の保育園に行って来ました2  2008年日本滞在記

先週末にはブリスベンに帰っている予定でしたが、
花南の歯の治療のため、引き続き日本に残っている私達です。

先月のうちにメインイベント(親戚のうちに行く、とか)はすべて終了してしまい、思いっきり中だるみ・・・
子供はますますパワーアップしていて、
毎日どこに連れて行くか、というのが一日の大きな課題です。

今日は、先週行ったのとは違う保育園の園庭開放授業に参加してきました。


続きを読む




AutoPage最新お知らせ