independent ハナの話  ゴールドコーストで子育て

independent=独立心の強い、という感じかな。
ハナはまさしくこれです。
いい方向には、この性質、頼もしいほどにすごいです。

まず朝。
7前後に私は、ハナがたんすをバタンバタン開け閉めする音で目が覚めます。
何をしているかというと、
その日着る服をきめて、
床の上に、着せ替え人形に着せるがごとく、
シャツ、その下にパンツ、
パンツの下には靴下を左右1つずつ置いて、
それから、まずはパジャマを上下とも脱いでハダカンボウになります。

そしてとりあえずシャツだけきて、
トイレにダッシュ
そのときは自分の部屋のドアも開けたらちゃんと閉めて、
トイレも終わったらちゃんとドア閉めて、
手を洗う洗面所のドアも出入りのたびに逐一閉めて。
ドアを開ける音、閉める音、かなりにぎやかです。

(このときこっそりハナの部屋に入って見ると、
床にちゃんと置かれたパンツと靴下がかわいいんです)

それから部屋に帰ってきてアンディー(下着のパンツ)と
パンツをはいて、靴下もはいて、
それからデイケアに持って行くかばんに上下一対とアンディーと靴下を詰めます。
デイケアに行かない日にも、同じようにお出かけの用意をするんですよ、この人。

その、たんすをバタンバタンさせるまえに、
ベッドメイキングは完了しているもようです。
それもめっちゃきれーに。

お着替えが終了すると、私達の部屋に入ってきて、
「ママ、ヨーグルト食べたい」と
私を起こしに来ます。
ま、そのときには完全に目覚めてるんですけどね、私も。

これが毎日、です。
結構すごいと思います。
おかげで私はかなり朝、楽です。

誰に似たんでしょうか・・・

夫側の家族は、ゆーすれす、です。
お義母さんは、ザ・片付けられない女を地で行く人ですし、
義妹もしかり。夫が唯一こましなほうです。

私側は・・・
家族の中で私が一番片付け下手でした。
一番きれいに片づけができる人は・・・父かな。
物を整然とさせることがとてもうまい。
単身赴任中の彼の部屋の整然とした様子、
もう15〜6年も前のことですけど、今でも覚えています。
弟もそうです。
母はしょっちゅう掃除してますし。
・・・でも今じゃ、ここでは私が一番片付け上手!
レベルのほどが知れるでしょ〜!!

うん、ハナは私の家族サイドの血、ですね。いまのところ。
あ、でも私の血じゃなくて、父のからの血かも。

こないだデイケアで、「お片づけがすすんで上手に出来るで賞」っていうのをもらってきてました。外でもやるんだ、この子、と思ったけれど、
こういうのって、おだてないとやらないんですよね。
きっと先生の操縦がうまいんだと思います。


セナは今日、なんかよく泣くし、ゆるゆるのうんちもしょっちゅうするし、調子悪いなあ・・と思ってたら、5本目の歯が生え出てきてました。
もう歯ぐきのぼこぼことしているのがだいぶん下まで降りてきているので、
6本目、7本目とか続けて出てくるのかも。
かわいそうに。
夜も眠れず、顔をくしゃくしゃにしていたので、
イブプロフェン入りの、ちょっと強い方のお薬(ニューロフェン)を上げたら、さっきようやく寝付きました。

今日はそんな感じの、
ちょっとダラダラとした週末アップでした〜






AutoPage最新お知らせ