ここはだれ、私はどこ?  ヒトリゴト

昨日の夕方、ハナをデイケアに迎えに行ったときのこと。

デイケアの駐車場の横が、目下、工事中で、
大きなクレーン車がきていました。

車を止めてドアを開けると、

「ピーッ、ピーッ、バックシマス
ピーッ、ピーッ、バックシマス

と聞こえるじゃあ、ないですか。
そのクレーン車から。

工事の人たちも朝から晩まで大変だよなあぁ。
なんて思いながら車のドアをばんっと閉めて・・・

れれれ?
いま、バックシマス、っていった?

ここはオーストラリアで、
私が住んでるのはオーストラリアで、
家から一歩出れば雑音のように英語が溢れてて、
でも私の第一言語は日本語で、
雑音のはずの英語の中に日本語が聞こえてきて、
見慣れた風景の中にいるのに、
ここは日本じゃないのは潜在的にわかっているのに・・・・

ここはだれ?
私はどこ?

状態に陥って、なんか瞬間的にクラクラときました。

疲れてんのかな・・・

しかし、工事現場の皆さんは
「バックシマス」なんて知らせてくれる日本的顧客サービスを受けながら、
でもそれとも知らずにいるのでしょう。

これでバックしてくるクレーン車にひかれちゃったりしたときは、
「アナウンスが英語じゃなかった!!!」
って、クレーン車を作っている会社が訴えられちゃったりするのでしょうか?
コベルコ、って書いてましたよ、クレーン車に。
そこまでアメリカナイズされてないか、この国も・・・!?




AutoPage最新お知らせ