昨日、友達が来てくれたんです。

彼女、3人子供がいてね、
一番上のお姉ちゃん(仮名:ラナちゃん)はプリスクールにいっているの。

ラナちゃんのお父さんはニュージーランダーでね、
一家でブリスベンに引っ越してきました。
( ちなみにラナちゃんのお父さんは、バナのパパの元同僚 
in Japan )

ラナちゃんはここに引っ越してきたころは3歳でもうバリバリの関西弁をしゃべる女の子でね、
英語はまだ片言しかしゃべれなかったのに、
さすがにプリスクールに通い出したら英語が上手になってきた。

昨日、うちに来た時に彼女、バナの英語の本を読んでいたんだけど、
それがまるきり“OZ いんぐりっしゅ”だったので、
驚くと共に、ちょっと笑えちゃった。

で、それを友達に言ったら、

「そうなのよ!!!家でよくダディに発音直されてるよ。

『もぉぁぁいんん』
じゃなくて
『マイン』でしょ!!って。」

ああ、カタカナになするととても分かりにくいけれど、
mineの発音をめぐってのことです。

おーすとらりあん・いんぐりっしゅって、
ちょっといなかっぺみたいになまっているんだよね。
もう慣れちゃったから、かわいいなとさえ思うんだけど。

Hello の発音も
最後、「イ」のサウンドで終わるんだよ。
「ハロオィ」って。
もう私もうつっちゃったけど。

環境ってすごいよね。

もし私がアメリカにいたなら、ぶっしゅちんみたいに、
舌巻き巻き英語になってたんだろうな。
ま、アメリカは土地によってかなりなまりがあるらしいけど。


そこいくと、オーストラリアは「土地によってなまりがある」
ってのは、ほとんどないらしいよ。


でも古い世代の人たちのおーすとらりあん・いんぐりっしゅは
本当に難しい。
何度聞きなおしても、

     ?????ナニユッテンダロウ?????
無理です・・・・

でもニュースキャスターとかはクリアな発音してます。
政治家達は地域密着性をかもし出す為かなんなのか、
かなり、おーすとらりあん・いんぐりっしゅ率、
高いように思います。

首相・ハワード氏もかなり田舎のおじさんっぽい・・・・
って思いませんか??



奥が深いぜ、おーすとらりあん・いんぐりっしゅ。










トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ