ふぃにっしゅ!!!  豪州のめがね屋事情

今日が仕事、最終日でした。
つつがなく終了いたしました。

仕事に行くのは、憂鬱なときもあったけれど、
義母にバナを任せて「家から抜け出せる」楽しみも、
確かにありました。
自分が自分に戻れる時間・場所でもありました。

またしばらく社会的生活から遮断されまする。

子供たちのことを考えたら・・・
彼女達の人生の最初の3年は、
言葉の形成面から見ても、
アイデンティティー形成の面から見ても、
本当に大切な時期。
特に、オーストラリアの地で片親に日本人を持つ彼女達には、
日本とオーストラリア、両方の国の文化のよさを味わって欲しい。

バイリンガルになることは、そう簡単なことではないのです。
言語形成に関する本を読んでみたけれど、
私の負う任務と言うか、責任について、
とても重いものを感じます・・・

そう考えたら、特に最初の3年は、私、
仕事になんて出てる場合じゃないじゃん!!

とも思う。

だけど、子育てはいつか終わる。

その子育てが終わった時に、
社会の中で自分が発揮できる何かを、
私はやっぱり持っていたい気もする。

・・・・などと考えて、悶々とする私。

とりあえず今は、このおなかの子を、
出産までしっかり育てなくちゃね。







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ