2020/1/19

どっさり。<6,368本目>  ひとりごと

30代ぐらいまでは、とにかく「肉」をよく食べていました。
求めるものは最優先が「量」の時代です。食材の味がわからない若造だから食欲を満たすバロメーターが質を上回っていたのですね。

年齢を重ねるごとに量よりも「質」が少しずつ分かるようになりました。
それでも、「本当の味」「本物の味」を知らないことには
その質を見極めることもできません。

めっきり肉を食べることも減ってきているのですが、
この焼肉は精肉やさんが経営していることもあってオーナーから提供される牛肉が黒毛和牛のホンモノです。
一人ずつの「肉懐石」
クリックすると元のサイズで表示します

この「肉塊」から(持っている彼の体重も100キロ越え(^^)/)
クリックすると元のサイズで表示します

ドドーンと切り落として
クリックすると元のサイズで表示します

大きなビールジョッキの「男前ビール」をゴクゴクと3杯も!
クリックすると元のサイズで表示します

へっちゃらで食べて飲んでしまう
クリックすると元のサイズで表示します
兄弟たちです(^_-)-☆

2020/1/17

会社の秘密。<6,367本目>  ひとりごと

社員研修をさせていただくことがあります。
どんな規模の会社でも、その会社なりの“色”があります。
伝統的な歴史ある会社と先端技術を駆使して業績を伸ばしている会社では、
社員の年齢層の違いなどもあり随分と違いがあります。

先日、お邪魔した会社は研修開始時間の10分程度前には参加者全員が着席して準備をしていました。
特に珍しいわけではありませんが、
会社によっては開始時間になっても集まっていない、もしくは集まっていてもざわついていて研修が始められないようなときもあります。

ただ単に、タイムスケジュールを守っているだけなのですが、
実はこれが立派な「その会社の“秘密の力”」なのです。
目に見えていないかもしれませんが、
見える人にはきちんと見えていて評価をされるものです。

可視化できないことの方が実際には大きな力が働いています。

誰でも出来ることがフツーに出来る会社、
これは実力がある会社です。

2020/1/16

お気に入りの変化。<6,366本目>  ひとりごと

セブンカフェは日常的に定番で、よく飲みます。
ドリップをして「一杯出し」は手間がかかってしますが、やはりおいしいです。
その味に何ら不満も要求もありません。
そのセブンカフェに新しいテイストが昨年登場しました。
「高級キリマンジャロブレンド」です。

始めてコーヒーを飲み始めたのは中学生のころでした。
サイフォン式を買ったので、アルコールランプを使ってコーヒー豆を買って、
手動のみるで豆を挽いて(^^;)、
いっちょまえの“コーヒー通気取り”で飲んでいたのです。
ブレンドコーヒーではなくストレートコーヒーです。
今でいえばスペシャリティコーヒーと言いますね。

そしてコーヒー豆を選ぶときに
「ブルーマウンテン」は高かったけれど「誰でも知っているしフツーじゃん。
モカもよく知られているからなぁ〜」
ということでセレクトしたのがキリマンジャロでした。
「酸味が強い」と書かれていたので、
飲んだ時に「これがコーヒーの酸味というものかぁ〜」と知ったのでした。
でも、実は飲んでいて
「全然おいしいと感じていない(ただ単に通ぶっていただ)。」
のでした。
クリックすると元のサイズで表示します

今までのセブンカフェもおいしかったのですが、
今回のキリマンジャロブレンドは
「青の贅沢」と言われている通り「おいしい!」。
ちょっとはオトナになったのかなぁ〜と感じています(^^♪。

110円(税込)なので今までより「10%アップ」の価格戦略ですが、
その価値は十分にあります。
セブンカフェは今まで1店舗平均130杯売れているので
2万店で「260万杯」も一日に売れているのです。

単純にその1割売り上げがアップすると考えると
10円の価格差はビジネスではとても大きいですね。

なんて、小難しいことも考えずに、
正にコーヒーブレイクをしています。

2020/1/15

1月の注意点。<6,365本目>  ひとりごと

毎月、気になる言葉を手帳に書き記している。
2020年の1年間(12か月分)はすでにお正月に書き込んでいるのだが、すぐ忘れてしまう。
今日、フッと見直してみたら
「時間はお金以上の財産」と書き込んでいた。
ごもっとも(^^;)。

大切な財産を無駄に使っていないかどうかを見直す気づきが出来ました。
わかりきった言葉でも、
改めて読んだり書いたりすることで
脳がきちんと反応するんだな。

2020/1/14

祈願ではなくまずはお礼。<6,364本目>  ひとりごと

moreな商売繁盛「“伊勢神宮”お礼参り2020」開催の内容が決まりました。
令和最初の伊勢神宮参拝は
上皇ご夫妻 が参拝
親謁(しんえつ)の儀 では
天皇陛下 皇后さま が参拝された伊勢神宮です。

・令和2年3月28日(土)
moreな商売繁盛「“伊勢神宮”お礼参り2020」
〜伊勢神宮を着物で御垣内参拝〜
午後1時00分 伊勢神宮 外宮
大灯篭前に集合
・申込詳細はこちら↓
https://ameblo.jp/more-event/entry-12560348807.html


昨年(2019年)の集合写真
クリックすると元のサイズで表示します

2020/1/13

テニス愛。<6,363本目>  ひとりごと

高校時代にテニスを部活動で始めて、
それなりに上手になって(でも県大会へ行けば1回戦ボロ負け)、大学になっても続けていました。
東京で就職してしばらくテニスが出来なかったのですが、
豊橋へ帰ってきてからは本格的に再開をして地元のテニススクールでテニスコーチのアルバイトなどもしていました。
地元の試合にも高校の後輩とダブルスを組んで出場していました。
でも、今の仕事を始めて丸々15年間はテニスをやっていませんでしたが、
やはり「テニスをやりたい!」と思いまたまた再開しました。

そんな日野の行動を見て
伊達クルム公子選手(当時)も現役復活したのです(^^)/。

以来ずっとテニスをやっていますが、
今では年間50回を目標にテニスコートに立ちますが、ここ数年は60回は確実に超え
一昨年とその前3年間ぐらい70回超えもありました。

テニスで年齢を超えた付き合いも楽しいですし、何よりもラケットでボールを打っている時が楽しい。
納得できるショットの方が圧倒的に少ないのですが、
それだからこそ、いいショットを打てた時の感触が快感なのです。

テニスをそしてテニスをする仲間を愛しているのですが、
その愛が通じたのか
東京オリンピック2020のテニスのチケットが2次募集で当選しました。

オリンピックを生で観戦することを諦めていましたが、
思わぬラッキーです。
今年の夏はテニスの超一流選手を間近に見て
自分の成長の糧にしたいと思います。



2020/1/12

大人になる入口?<6,362本目>  ひとりごと

成人式をやっているところが多いのですかね?
かつては1月15日が成人の日だったのですが、今は日曜日開催が中心なのでしょう。

「二十歳(はたち)」になって何が変わるのか?
自分が成人式の時は東京での学生生活のど真ん中でした。
一人暮らしをしていたアパートに、同じく東京で一人暮らしをしていた兄が朝突然やってきて
「おい、成人式へ出ろ!」と言われて、
強制的に着替えて住んでいた地元(調布市:東京都)の成人式へ出席しました。
大きなホールに
当時のアイドル「石川優子」が来ていてヒット曲を歌っていました。
これはこれで楽しかった。

何も変わりはしないけれど、
「ああ、少しでも自覚を持って暮らさなければいけないのだなぁ。」と何となくの感覚はその式へ出席してできたような気がします。

会社の経営でも20年続く企業は立派だと思います。
20年の時間経過の中には、
経営者自身の健康状態やそれ以上に世の中の変化はどんどんあるわけです。
そこにどれだけ対応していけるかどうかが経営の肝となるわけなので、
20年間継続する」ということは
どんなことでも大きな意味があります。
成長という観点で行けば
やはり「子供から大人」になるということです。

体はある時期を過ぎれば劣化(老化ともいう)しますが、
気持ちと行動だけは成長していきたいですよね。
そのためには健全な体とメンタルが大事です。

“三度目の成人式”へ向けて頑張ります。

2020/1/11

始動を早く。<6,361本目>  ひとりごと

三連休だったんだね、世間様は。
意識をしていませんでした。
おそらく、「働かされている」という感覚の人は
「(与えられる)休みを待つ」発想なのだろう。
だから、休みに意識が行く。

自分で事業を進めている人は、休むという発想ではなく、
「自分で時間を切り拓いていく」という考えなので
時間の流れ方、とらえ方に全く違いが出る。

それでも、
やはり先手必勝は必要だ。
お正月が終わり年が変わるこのタイミングはとても大事なのだ。
この時期をダラダラとかバタバタとか過ごすと、
結局今年1年間が“追われて”過ごすようになる。

取組み始め=始動を早くが今の時期は一番のテーマになる。

2020/1/10

音楽を聴く。<6,360本目>  ひとりごと

整理のためにCDを段ボールひと箱分だけ処分をした。
200枚ぐらいだろうか。
もともと聴きたくて購入したものばかりだが
「もう一度聴くか?」と自分に問いかけてみて
「聞きたい!」と思ったモノだけ残すことにした。
それでも10枚程度になってしまう。

「あの時、こんな曲がお気に入りでよく聞いたなぁ〜」と思い出にするには取っておきたい気もしたが、
思い切って手放してみたのだ。

ここ数か月は、オフィスにいる間は何らかの音楽を流すようになった。
学生時代から「ながら勉強」は集中できなかったので、
音はむしろシャットダウンしていたのだが、
どうやら最近の日野の頭は音を欲しているようだ。

片づけている途中で
1曲だけ聴いてみた曲がある。
その音楽が鳴っている数分間の時間を取ることを忘れてしまっている自分を発見した。
なんだか、「CDを聴いているなんて(サボっているような感覚もあり)もったいない。」という感情がいつしか自分の中にはあったのだ。

でも、
例えばソファーに腰かけて、コーヒーを飲むぐらいであとは何もしなくて
「音楽を聴く」なんて時間はとても贅沢で、必要な時間なのだと認識し始めた。

いつでも自分の好きな音楽は検索をすればヒットもするし聴ける世の中だ。
でも、自分で買った“これはじっくり聞きたい”CDを厳選したら
そのCDが大切に思えてきた。
いい音を楽しむ時間を味わいたいものだ。

2020/1/9

レコーディング。<6,359本目>  ひとりごと

歌を歌うわけではないレコーディング。
「記録をつける」ことなんですが、10年近く毎朝「体重計に乗って記録」しています。
ここ数年はアプリがあるのとそのアプリと体重計がBluetoothで連携できるので
体重計に乗るだけでデータが記録(保存)されます。
そうするとそれが折れ線グラフとなって表示されます。

株のチャートではないですが、
トレンドがわかるようになります。

日野の場合は10月ごろからだんだん上昇していき
実はお正月(元旦)がピークです。
そして春から夏にかけて減少していき7月が一番軽くなります。

そうなると、体重コントロールのポイントは二つ。
ひとつはピークとなるお正月までの上り調子をいかに抑えるかと
もう一つは7月にいかに下げきれるかになります。

原因がわかっていれば解決法が明確になります。
あとはその解決法を実践するだけです。

日常生活でもビジネスでも
モノゴトを進めるプロセスは同じですね。

2020/1/8

「8」がつく日。<6,358本目>  ひとりごと

1年のうちで毎月「8」日はある。
当然12回あるわけだが、「8」好きの日野は毎月この日に何かやりたいなぁ〜と常々考えていた。
(それが出来ていないわけだが)
そのスタートが今日であるが無計画だった(^^;)。

5月は誕生日
8月はmore法人登記日(会社誕生日)
10月は娘の誕生日
だからどうってことはないけれども、
月に一日は「始発で行って終電で帰ってこれる場所で、自分の行きたいところへ行く。」
って考えていたことをぼちぼちと始めてみようかなと妄想中。

でも、8日にお仕事がないっていうわけでもないしなぁ〜と自分に言い訳もしてみる。

来月(2月)は土曜日で
3月は日曜日か。
さて、どうするかな。

2020/1/7

気分。<6,357本目>  ひとりごと

お正月気分も今日までかな。

子供の頃は、朝起きた時に「その日の気分」なんてことは意識をしていなかった。
病気でもない限り「(体の)調子がいい悪い。」なんてことも考えていなかった。
いつしか、
「今日はあんまり調子が良くないな。」とか
「(無意識でも)今日はいい感じだ。」とかを意識するようになった。

ひとことで言ってしまえば、その日の気分がいろいろあることに気がついたということだが、
自分の気分が良くても悪くても、それはお客さまにとっては全く関係がないことだ。
だから、営業でも接客でもまたスタッフや社員さんに対しても
直接的に向けるのは好ましくない。

逆に言えば、いつも自分の「いい気分」にしておくことが
まわりにもいい影響を与えるのだとも感じる。

かつてCMで
「♪セブンイレブン、いい気分♪」が流れていた。

そんな気分で、お正月気分から、
お仕事モード気分へ進めていけばいいね。

2020/1/6

脳への刺激。<6,356本目>  ひとりごと

今日から令和2年のお仕事がスタートしている人も多いと思います。
日野のメルマガも本日スタートしております。
(未登録の方は左側にある申込窓からどうぞ〜。)

本屋さんへ行くと相変わらず読みたい本がいっぱいあります。
ということでいつものように?5冊パパっとセレクトしました。
クリックすると元のサイズで表示します
今週はこれぐらいにしておこうかな。

ときどき、
Facebookなどで、読んだ本を紹介している人がいて、そのコメントに
「(その本の)内容をまた教えてください。」と書き込んでいる人を見かけるけど、
それって全然ダメなビジネスパーソンですね。
書籍を読んで一番価値があるのは、
自分がどう思ったか、考えたか、どこに共感しまた疑問はどこだったのかを発見することである。
それを読みもしないで、
“いいとこ取り”の発想で、人に聞こうとしている。
もし人に聞くのであれば、
「自分も読んだので、あなたの感想も聞かせてください。」なら納得できます。
少なくとも、その本(の内容やタイトル)が気になったのなら
自分で購入することです。
(図書館で借りるというのもいいですがスピード感は落ちますね。)
そして、本を読む時間の捻出することが一番マネジメントには必要なコトだと知ることでしょう。
「費用対効果」を気にしている経営者ならなおさらです。
書籍ぐらいコスパが優れたモノはなかなかありません。

脳に刺激をたっぷり与えて活性化しましょう!

2020/1/5

磨きをかける。<6,355本目>  ひとりごと

お正月休みも実質的に今日(5日)までのところが多いのでしょうか?
中小企業は昨日あたりから営業もしていますね。

日野もネクタイを締める日は明日からとなりますが、
ネクタイに欠かせないビジネススタイルが、足元の靴です。
スーツもそうですが、同じ靴を二日続けて履くことをしないので、
汚れや消耗は大きくありません。
でも靴を磨いていないと“気持ち悪い”のです。

本当なら年末に片付けておくことかもしれませんが、
午前中に全部の革靴を出してきてメンテナンスしました。
メンテナンスの時に大事なことは、
必要な道具をそろえておく、ということです。
道具は知恵が詰まったものなのです。それがあるかないかによって成果(や結果)が全く変わってきます。

靴に磨きをかけると今度は、
その靴を履きたくなります。
当然その靴を履くときはお仕事モードですから、ビジネスへも好影響を与えます。
結局、モチベーションにも磨きがかかるのですね。

逆に言えば、今週出会うビジネスマンの革靴を観察してみてください。
その革靴がピカピカならきっとそのビジネスマンと一緒にお仕事をしても
今年はいい結果も期待できるでしょう。

靴を磨けば自分も磨けるんですね。

2020/1/4

続けるコツ。<6,354本目>  ひとりごと

年が明けると、みなさん
「今年の目標」を設定します。
だいたいが、それは1月のうちになんとなく消えていってしまいますが・・・・(^^;)。

ほとんどの場合、何かを初めて続けていくという目標になっていると思いますが、
これがなかなか続かない。
三日坊主というヤツですね。
日野の子供の頃は親からさんざん言われたキーワードでもあります。
確かに、いくつになってもなかなかづづかないことはたくさんあります。
大人だからといって続くわけではありません。

もちろん何年、何十年も続いていることもあります。
続くと続かないの違いは何かということです。

例えば、「毎朝歯を磨く」
これは誰でも続いていると思います。
でも「毎朝ストレッチを3分間する」となるとどうでしょうか?
どちらも時間的には同じ3分程度でしょう。
淺野次官の3分は惜しいかもしれませんが、たかだか3分です。
24時間のうちの3分間って1440分のうちの3分ですから
一日のうちのたった「0.2%」にしかすぎません。
でも続かない。

日野が続いていることを思い出してみると、
「続けようと思っていない(考えていない)」ということです。
計画を立ててその計画通りできる人もいますが、
計画通りに進められない、遅れてしまう人の方が圧倒的に多い。
目標設定が自分に負担になってしまうと続かないように感じます。

だから、コツとしては
「意識をしない。(でいいい状況を作る)」ことになります。

さて、今年の目標は
「毎朝ラジオ体操を復活しようかなぁ〜。」
って、既に数日経っているけれど
、やれていない(^^;)。

「例外」を作ることも「継続」には一番大敵だ。
その例外がもっともらしい正当化した言い訳である認識がないと、
まずは続かないし、目標を達成できない。

毎朝歯磨きをしよう!なんて目標を立てないことが
一番いいのだ。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ