2020/6/22

キャッスレスで手数料。<6,495本目>  ひとりごと

昨年の、「消費税増税」「軽減税率導入」のどさくさに
「キャッスレス」が進みました。
日常生活で現金、特に小銭を使う時も減りました。
その名の通り「コインパーキング」ぐらいでしょうか。

昨日、飲食店へ行って会計をする時に
「カード使えますか?」と聞いたら
「ハイ大丈夫です。」というので精算して、
今朝レシートをよく見ると
「クレジット精算+5%」となっていました。

「なんだよ〜、それなら現金で払ったのにぃ〜」とちょっと損した気分と残念な気持ちになりました。

スナックなどで、クレジットカードにしようとすると
ママさんから「(親しみを込めて)手数料かかりますよっ」って言われて現金で払っていたことはありますが、
そんなひと言もなく加算されていることに
そのお店の“姿勢”が見え隠れしちゃいました。

マネージャーと言われる女性店員が
「このお店は“お兄さん達”みたいな、
20代の若者ではなくわかってくれる大人の人に来て欲しいんですよぉ〜」と言っていました。
それもなんだかとても違和感があって、
今。会話の中味を振り返ってみて違和感を感じた言葉は「お兄さん」です。
「お客さんみたいな人たちにこれからも来て欲しいんですよ。」と言ってくれれば
まだ、普通に納得できたのにね。

そもそも日野は“お兄さん”という年齢でもないし(^^;)。

お店は「お客さん」がいて初めて成り立ちます。
この会社はその概念がないと感じてしまったので、
「二度と行かないお店」のリストに入りました。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ