2020/3/17

どこかにある(はず)。<6,412本目>  ひとりごと

仕事をするうえで、何に時間がかかるかというと
「探す」時間でしょう。
書類を探す、提出物を探す・・・。
パソコン内のデータを探すこともネット上の情報を探すこともしばしばです。

うまく短時間で見つかればいいのですが、「探し方」をキチンとルール化しておかないと
なかなか時間ばかりがかかってしまいますね。
そもそも自分の頭の中も含めて整理整頓g名で来ていないと、
見つからないものも見つからない。
困るのは探しているものは必ず「どこかにある」からです。
ないとわかってしまえば探すこともないですしね。

例えばデスクの上が散らかっていても、
どこに何があるのかを分かっているうえでの散らかりならこれはOKなのです。
(ただし本人しかわからないということもありますが)

ラッキーもどこかにあるはずと思って、探しているのかもしれません。
でもそれも、どこまで探すかでしょう。
きっとどかかにありますが、探す方向性が違うとただ単に迷うだけですね。

どこかとか、
いつかとか、
なんとか、とか…。
減らしていかないとね。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ