2020/2/14

ほんの些細なことでも。<6,389本目>  ひとりごと

「痛っ!」
コンパネを運ぼうとしたら、左の手のひらに「トゲ」が刺さりました。
そのトゲ自体は3ミリ程度のものですが、ちょっと太めで手のひらに「グサッ」って感じで刺さったのです。
血が出るほどでしたが、バンドエイドで事なきを得ました。

ただ、ここで考えたのは
体と比較して刺さったトゲはわずか「何万分の一」。
大きさから言えば、髪の毛や切った爪と大して変わらない。
それでも体全体に痛い!って感じさせるのです。

例えば、大型飛行機でも、
そのうちの小さなねじ一つが外れていれば墜落してしまうかもしれません。
機械でどんなに小さな歯車でも、それが無ければ動かなくなります。

小さな、ほんの些細なことが実は大きな影響を与えていることは少なくないのです。
一人のお客さまに対応することが、
無限に可能性がある多くのお客さまに影響を与えるのです。

大企業に負けるわけではなく、
中小企業が活躍する場面はいくらでも存在感を示せるはずです。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ