2020/2/2

110回目です。<6,379本目>  ひとりごと

中小企業診断士による中小企業診断士のための勉強会「金猿くらぶ」。
平成4年の秋から始めて110回目の会合でした。
テーマは「AIビジネスと競馬」です。

今言われているAIの研究は1960年代から始まっていたのだそうです。
それが2010年以降、インターネットの普及により取得するデータ「量」が劇的に増加をしたため、ディープラーニングが進み、
AIの精度も高まってきているという背景があります。

「アレクサ」「ヘイ、シリ」「OKグーグル」って、
いろいろな所で声を出せば、必ずどこかで「返事」をしてくれる状況が
増えつつあります。
「おい、はち平」っていうような日本語の呼びかけも出てくるだろうね(^_-)-☆

今回はオッサンばかりの集まりでしたが、楽しく有意義な時間です。
もちろん、女性会員さんもいます。
クリックすると元のサイズで表示します
参加してくれる中小企業診断士の仲間たち、ありがとうございます。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ