2019/1/2

駅伝の魅力。<6,241本目>  ひとりごと

この20年ぐらいは、
箱根駅伝に注目です。

母校の中央大学は駅伝の伝統校ですが、ここ数年は数十年続いていたシード落ちも経験し
予選から這い上がってきています。
伝統校と言っても学生は毎年変わるわけで、
そのたびに新チームが編成されるのです。

その上で好成績を残し続けるのは至難の業です。
そこにはやはり「チームカラー」とか「校風」が大きな影響力を及ぼします。

企業でいえば「社風」ですね。
これは経営理念と直結するので、
アスリートの努力と企業努力はとても似ています。

青山学院大学がとかく注目されていますが、
今年はどうでしょうかね?
メディアが「強い、強い。」と言っているときほど
“落とし穴”が待っていますから。

でもどの大学も出場校を全部応援します。
とにかく「頑張れ〜!」って感じでTV観戦です。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ