2018/6/27

ソフトクリーム好きだけど。<6,138本目>  ひとりごと

言ってみればコーヒーフロートですが、
クリックすると元のサイズで表示します
コメダ珈琲のそれは“大盛り”です。
気合入れないとちょっと食べられないです。
(まぁ、食べましたけどね。)

このように
何かにつけてメニューのほとんどに“ボリューム感”が漂っています。
だから「お得感」を感じる人もいます。

これが“名古屋商法”の一端かもしれません。

売れないときはその反対で、
お客さまは「(特別お得じゃないから)いらない」と感じています。

どの部分でそのように感じているのかを客観的に考えてみる必要があります。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ