2018/3/16

ケアをする。<6,038本目>  ひとりごと

テニスを毎週やっていますが、
若い時のように体を動かせるわけではありません。
以前のイメージでボールを打とうとしたり、
走って追いつこうとしてもなかなかいうことをききません。

そうなると体のどこかに無理が出て痛めてしまう時があります。

そうならないためにも練習の後にキチンと
自分の体をケアすることが必要になってきます。
準備運動はもちろんとても重要なのですが、
それと同じぐらい整理体操のようなストレッチをしたりもみほぐしたりする
クールダウンの時間も大切です。

もともとオーソドックスなテニススタイルなので
体の負担はかからないタイプでしたが、
右腕にかかる負担が大きくなってきたので
近頃は普段の仕事中(スーツの下に)サポーターもするようにしてみました。

そうすると、次の練習の時に
今までの負担が軽減されて、
また万全の態勢でテニスに臨むことが出来るようになりました。

故障を少なく長く続けるテニスを
体のケアをすることで維持できそうです。

ビジネスでも同じで、
今までと同じことを同じ負荷をかけるのではなく、
そこに日々のメンテナンスというかケアをすることも
取り入れるといいでしょうね。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ