2014/11/18

学びは真似る。<4,912本目>  ひとりごと

不景気だからと言っても
自分の会社の業績が上がるわけでもない。
だから言っても仕方がないのです。

不景気を感じるのは自分会社の業績が悪いだけです。
業績がいい会社はいつの時代でもどんな時でもあります。

そしてその会社に共通して言えることは、
「(必ず)何かに取り組んでいる。」ということです。

では、何に取り組んでいるかと言えば実際には「なんでもOK」なのです。
経営者自身が何をしなければいけないかを
「勉強している事」が大切なのです。
勉強していれば、いろいろな刺激が入ってきて自分でやりたいコトや、やった方がいいことがわかるようになります。

それがわかれば、あとはそれをうまく出来ている人から学ぶのです。
最初が肝心で、戸惑うことが多いはずですからまずは
(つべこべ言わず)「真似してみる」ことです。
あるいは、
信頼が置ける人からアドバイスをもらったら、すぐに「言われた通りにする」ことが一番の近道でしょう。

わからないから学ぶのです。
戸惑うのは当然です。
素直に聞いて受け入れればいいのです。
それだけです。

学ぶ時間を持つことがその経営者の実力となってきています。














晴@風なし。
目先に振り回されないでしっかり先を見ながら来てくれてありがとうございます。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ