2013/11/22

売れないとき。<4,549本目>  ひとりごと

どうやったら売れるようになるのだろうか?

という質問はよく受ける。

その時の質問者には二通りのパターンがある。

一つは、
「こんな風にすれば売れるのではないか?」
と自分で意見を持っているタイプ。
もう一つは
「何をすればいい?」
というノープランのタイプです。

こんな風にすれば・・・・の場合は、
自分である程度「仮説」を立てているわけですから、
コチラのアドバイスも比較的すんなりと受け入れることが出来ます。

そうなれば当然うまく売れる可能性も高くなります。

ところが、ノープランの場合は、
ほとんどの場合が「横着」です。

「何か楽してうまい方法はないか?」と口にこそ出しませんが、
そんな雰囲気は(本人は気が付いていませんが)見え見えです(^^;。

だから、こちらがアドバイスをしても
自分が何かをやらなければいけないことだったりするとテキメンに
「その効果は?」
などと返ってきます。

実際には、「いいと思っていることをやってみるしかない。」
のですが、そこの手間(本当は努力)を惜しむのですね。

これでは売れるはずもありません。
こんな経営者から買ったら、お客様には失礼です。

売れているときはいいのですが、売れなくなった時に本当のその人の“状況”が見えてきますね。

自分の商売に飽きてしまったらおしまいですから、
飽きない(=商い)でやりましょ!
















晴@米子。
気が付けば週末、金曜日に張り切って来てくれてありがとうございます。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ