2013/3/21

負けたら次を頑張る。<4,296本目>  ひとりごと

次はないかもしれない。

でも、一度や二度負けたぐらいで落ち込んでいても仕方がない。

プロのアスリートで世界を転戦している人たちは、本当に過酷だ。

ゴルフもそうだろうが、
テニスで、
クルム伊達公子選手の試合スケジュールを追いかけてみると
日野の国内での“移動の達人”なんて足元にも及ばない。

まさに世界を転戦としている。

しかもその期間が、
今日試合に負けたら、明日は飛行機で10時間以上移動とか、
南半球から北半球へ気温差30度以上を移動とか・・。

その辺の海外旅行どころではない。

そんな状況で、
試合会場でのコンディション作りをして
食事や練習コートの確保や現地の天候などもすべて受け入れて初めて試合だ。

そこで勝ち上がっていくなんて、
なんてタフなコトなのだろう。

比べても仕方がないことなのだが、
自分の仕事なんて、なんて“ちっぽけ”なんだろう。

もっともっとも〜っと頑張ることが出来るはずなんだ。

時差と戦いながらテニスの試合に出るなんて大変だ。
日常生活で時差を感じながらお仕事をするなんてことは
海外視察セミナー以外ではない。

こんな楽な事はない状況なのだ。

楽に甘んじ出ていてはいけない。
甘えていてはいけない。

足らないことだらけだ。
いたらないことばかりだ。

しっかりしろ!














晴@寒く風強い。
気温の変化に戸惑いながらもブレずに来てくれてありがとうございます。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ