2012/10/19

週末の“誘惑”。<4,138本目>  ひとりごと

プレゼント頂きました!

日野の事を気にかけてくれている社長さんからです。
クリックすると元のサイズで表示します
禁断の魔術」ガリレオ8です。

でも、何が凄いって、
東野圭吾さんは年間に3冊ぐらい“新作”を発表するわけです。

読む方はただ、単純に読み進めるだけなのですが、
その文章の分量を書くとなるととても大変です。

また、ストーリーを考える時間や
サスペンスなら、なおさらそのトリックを考える時間も必要です。

「プロだから出来てしまう」と言ってしまえばそれまでですが、
それにしても凄いことだと思うのです。

やはり、プロとは
「大変なことを簡単にやり遂げてしまう。」ひと(でありこと)なのです。

ビジネスはまさにプロの世界です。

今、読んでいる場合ではないけれど
「いつか読もう!」
はいつまで経っても読めないから、工夫をします。

ビジネスでぜひ読んで欲しい本はコチラの
仕事のこれだけ教科書
がお勧めです。

今月(10月)の“課題図書”は、
1分間マネジャー
クリックすると元のサイズで表示します
〜何を示し、どう褒め、どう叱るか!〜

何の“誘惑”に身をまかせましょうかね。














快晴@夜は「金猿くらぶ20周年記念パーティー」。
寒くなった週末にシャキッと来てくれてありがとうございます。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ