2012/7/28

陳腐化しない。<4,053本目>  ひとりごと

夏休みの朝の定番と言えば
「ラジオ体操」。

小学生のころは、夏休みの40日間全部あったような気がする。
運営する側も大変だっただろうが、子供心としては一つの楽しみでもあった。

今は7月中ぐらいしかやらないみたいだが、
実際のラジオ体操は「公開放送」として全国のいろいろな場所で開催されている。

ご承知の通り朝6:30〜6:40までの10分間である。

この10分に凝縮されている運動なのだ。

先日聞いたら北海道のある町で開催されていた。

その町は人口3,000人の町だと言っている。
地方にある典型的な小さな町だろう。

そしてその時ラジオから流れてきたコメントが
「1,000人以上の方にお集まりいただいています。」とのこと。

すげーな、この集客力。

たかだか10分間のイベントに町全体の3分の1の人たちが集まっちゃう。

ラジオ体操は80年以上も前に日本国内で実施されるようになってきた。

それが、延々と今日まで続いているのだ。

ヒット商品と言うよりロングセラー商品みたいなものだ。

シンプルでいてかつ合理性や効率性も兼ね備えている。

時間を越えても色あせていない小kだ。

変えることと変えないこと、
本質的なところは変わらないのだ。











晴@ロンドンオリンピック開幕。
セミの大合唱に負けずに来てくれてありがとうございます。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ