2012/3/31

チームの力。<3,931本目>  ひとりごと

世界卓球(女子)団体戦準々決勝をたまたまTV観戦した。

5人で一つのチームを作り先に3人が勝った方が勝利だ。

実は物心ついた時に自宅に卓球台があり、
まだ卓球台の上に顔が出るか出ないかの身長の頃から卓球を楽しいんでいた。

その後、小学生に上がりサッカーに夢中になり
中学時代にはいろいろな部活もやり
高校に入ってからテニスを始めた。

(ちょっと話がずれました、卓球団体戦の話です。)

TVをつけた時ちょうど日本が2勝していて、
「あと1勝」と王手をかけていたのだ。

「2勝零敗なのだから後3人のうち誰か一人は勝つだろう。」
とのんきにTV観客席では思ってしまいます。

3人目の選手もゲームカウント1-1と白熱していたが
1-3で負けて4人目で、第一試合で勝利を挙げた“愛ちゃん“が再登場。

ここでは俄然期待をしてしまう。

ファンは勝手だ。
断片的にしか知らない卓球の勝負を、
スポーツ新聞的に自分勝手に予想をしてわがままに予想をする。

残念ながら負けて
2勝2敗の中で最終試合へもつれこんだ。

ココでも“19歳の将来のエース“が頑張って手に汗握る熱戦だ。

ゲームカウントも
0-1
1-1
1-2
2-2
と一進一退なのだ。

そして最終ゲームもまさにどちらに転んでもおかしくない展開。

卓球は先に11点取った方がそのゲームを取れるが、
10-9とマッチポイントを迎える。

「あと1本」たった一ポイントだ。

ココで、10-10のデュースとなる。
先に2ポイント連続して取った方が勝ちだ。

見ている方の緊張も高まるが、
やっている方はそれ以上のプレッシャーの中で戦っている。

先行して11-10。またまたマッチポイント。

緊張のラリーが続くがここで追いつかれて
11-11。

またデュース。
12-11、一本リードでまた、マッチポイント。

相手も必死だからそれぞれの集中力が伝わってくる。
ココからまた同点に追い付かれる。
12-12。

こんな状況では相手がどうしたこうしたではなくなってくる。

アスリートならわかると思うが、
勝負は自分の内面との戦いなのだ。

あ〜、12-13。
初めて相手にマッチポイントを握られた。

そして、12-14。
残念でした。

見ていても悔しくて悔しくて・・・。

でも19歳の将来のエースにとっては次への大きなステップになりました。

負けたコトを次に活かすのが成長です。

勝つことは大切で必要です。
チームとしても負けましたが、
それぞれがベストを尽くした結果であり、
そこまで個人がチームのために頑張れたのもチームの力。

自分に与えられた責任以上の力を出させてくれるのもチーム。
一人では出来ないことを生み出すことができるのチームの力。

ビジネスシーンではそれぞれの役割をはたして
お客様にお役に立つのがチームワークなので同じなのだ。

個々の力をしっかり磨きあげなければ、結局大きな力も出てこない。
独りよがりではなく
目的や目標をお互いが理解しながら進むことが大切なのだ。

過酷な練習やトレーニングをしているアスリートたちからは
多くのことを学べる。

日本女子卓球チームありがとう!













雨@大荒れ。
週末の寒暖激しい中落ち着いて来てくれてありがとうございます。








この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ