2011/3/28

体に覚え込ませる。<3,516本目>  ひとりごと

野球でバッターボックスに立って、打席に入る時は
一試合で4回程度。

そのうちバットを振るのは10回にも満たない。

それなのに、練習では何千回も何万回も素振りをする。

どれだけベテランになっても素振りをしないバッターはいない。
一流バッターであればある人ほどキチンと素振りをする。

子供の頃TVでプロ野球を見ていた時、
野球を知らない母が言った
「もたもたしないで力まかせにバーンと打っちゃえばいいのに・・。」

確かのその通りだ。
でもボールにバットがうまく当たらなければ球は飛ばない。

もちろんピッチャーだって、打たれまいとして投げてくるのだから・・。

投げられたボールを「よし、打とう」と思って、
バットを振り始めても、アタマの意識と体の筋肉が連動してさらにその力がバットに伝わって初めてヒットする。

その動きが“無意識”になされなければならない。

そのためには、その一番力が入るポイントを体に染み込ませるのだ。
それが不断でもあり普段の練習である素振りなのだ。

体の筋肉の付き方も人それぞれ違う、また同じように動体視力などの違う。
その違いの上で自分オリジナルのスタイルを作り上げるのだ。

一番、力が出るのはやはり無駄をそぎ落とした上での
”美しいフォーム”だ。

そのフォームを何度でも修正しながら作り上げるのだ。

そのフォームがあったって実は3割打てれば一流なのだ。

フォームもなく、ただただ、ひたすら打とうと思ったって
その場限りの対応しかできなくてヒットは出ない。

人のモノマネをしてもやはり長続きもしないし実力はつかない。

自分しかできないフォームを作り出せ!













晴れ@気温低め。
3月最後の週のスタートに来てくれて、ありがとうございます。

毎週月曜日(朝6:00)はメルマガ「“脳”に効くビジネスサプリ」配信です。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ