2011/3/23

先攻か後攻か?<3,511本目>  ひとりごと

野球やテニスなどの球技では、
最初にボールをどちらかが持っているか決めてからスタートする。

攻める側と守る側が試合の中であるのだ。
(ルールはあまりよく知らないけれどアメリカンフットばオールならもっと明確に分かれている)

野球であれば9回を戦う時に、
1回のオモテにバッターボックスに立つチームが先攻、
ピッチャー側のチームが後攻となる。

先取点を取った方が試合は有利に進められるが、
後攻が9回の裏、劇的な逆転勝ちというドラマもいくつか生んできた。

テニスの場合はラリーで打ち合うので先行と後攻がないように感じるかもしれないが、
サービスをどちらが先に打ち始めるかによってテニススタイルも変わってくる。

サーブは一ゲームごとに(レシーブと)交代する。
サーブから試合が始まるのでゲームの主導権を握りやすい。

男子の試合では特にスピードに威力があるサーブを打つ選手も多いので、
「サービスキープ」をすることが勝利につながるのだ。

逆言えばリターン(レシーブ側)が、相手が攻めてきているサービスを破る(=サービスブレイクと言う)
と一気に試合を有利に進めることができるのだ。

攻めるときは攻めないと相手を打破することはできない。
チャンスボールは確実にものにするのだ。

そこでミスをすればこちらのダメージも大きいし、
相手にとっては大きなラッキーなのだ。

だから攻められている時にそこをなんとかしのげば、
形勢逆転で流れをこちらに引き込むこともできる。

どちらにしても待っているだけで勝利をつかめない。

ゲームの最中はいろいろな細かいこともある。
その積み重ねが最後の“結果”につながる。

世界最速のサービスエースを1本取ったとしても、
全体の中のそれは1ポイントでしかない。

それだけでは勝ちにつながらない。

スマッシュを決められたと言っても、
それも1ポイントでしかない。
そのポイントだけで負けるわけではない。

与えられた状況の中で
自分が持っている能力を最大限に試合で引き出すことが一番大事なのだ。

その能力は降って湧いてくるわけでもなく、
不断のトレーニングの先にしか出来上がらない。

頑張れる時は頑張るのだ。











晴れ@ちょっと寒っ。
何となく曜日感覚ずれてる感じで来てくれて、ありがとうございます。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ