2009/11/30

小さいのに大きい。<2,936本目>  ひとりごと

ビジネスマンやビジネスウーマン、その人たち以外にもアクティブに動いている人の携帯電話所持率はほぼ100%。
(ビジネスマンでも、まだ持っていない人を一人知っていますが・・・。)

日本国内の携帯電話普及は約1億台。
人口1億2700万人の中での数字です。

数字を見れば“肌身離さず“の状態であることも分かり、そこには大きなビジネスチャンスや可能性も秘めていることに気がつきますね。

同じような状況にあるのが「デジカメ」。

携帯電話にほとんどカメラは付いていますが、コンパクトで携帯性が良いデジカメもオンタイムで活動する人はほとんど持っています。

どのデジカメも“小型”化、”軽量”化がどんどん進んでいます。
どんどん外見は小さくなるのに、プレビューする画面は大きくなる。

この相反することを成し遂げていく技術力は日本はとても得意なんですね。
モノづくりの醍醐味かもしれません。

同じように、軽くするには部品を減らしていけば簡単なことなのですが、実際には機能の向上もあるため部品を減らすことはできない。

部品そのものの重さを軽量化して、むしろパーツは増えていく。

これも相反することを技術力や創意工夫という“知恵”を使ってどんどんクリアしていくのです。

「無理だ。」
と思ったところからがスタートなのです。

”移動の達人”としては、持ち物はできるだけ軽量が好みです。
でも、軽いからと言って機能に制限や品質に課題が残るようなアイテムでは意味がありません。

道具ですから、きちんと適材適所で使えなければ意味がないのです。

ガタイは小さくても大きな役割をする。
それはお店の存在感やヒトの存在感でも言えることなのだ。

大きさだけでは計り知れない可能性を、ビジネスでは発揮するチャンスがいくらでもある。

中小企業だから大手に負けるなんて理屈はどこにもないのだ。
もう、景気のせいや大手のせいにする発想からいい加減に脱却しよう。

これからは中小企業の「個店主義」が良い時代だ。











日野眞明オフィシャルメルマガ(35号)発行の月曜日、届いていますか?
まだならアドレスお知らせくださいね。

晴れ@広島。
張りきって月末に来てくれて、ありがとうございます。
タグ: メルマガ



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ