2009/11/28

意味がある数字。<2,933本目>  ひとりごと

単身赴任している知人との会話。

「3年でまた転勤があると思ったけれど、そのままなんだよね。」

次の異動のタイミングは、はっきりしない。
ちょっとモチベーションも、肩透かしを食った感じで下がりかけたそうです。

この”3年”の根拠はどこにあるのでしょうかね。

もっと言えば「3」と言う数字に意味があるのでしょう。

講演では「3年以内に”単年度黒字”にならなければ(抜本的見直し)撤退」と話しています。

”石の上にも3年”ではないですが、ひとつの結果を出すために必要な時間が3年なのでしょう。

中学生は3年経てば高校生になります。
高校生は3年経てば社会人や大学生になります。
18歳が3年(2年)経てば成人になります。

”一区切り”をつける意味での「3」は多用されます。

”3人寄れば文殊の知恵”とも言われます。

平成元年に初導入された消費税も最初は3%でした。

数字の持つイメージや意味から想像力を膨らませるのも、マーケティングを学ぶときにも役に立ちます。











快晴@豊橋→岡山。
土日もバリバリですね、ありがとうございます。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ