2009/4/30

考えることは動くこと。  ひとりごと

いい話や、いいコトは大体の人が知っていることなんです。

いい話の事実は知らないことでもその本質はだれもが共有しているコト、または実践したいと思っていることなんです。

その実践したいと思っているコトを実践することが貴重で大切なのです。
つまりそれはカタチにすること、結果を出すこと、アクションを起こすことなんです。

「ゼロ」は何倍してもゼロのままです。
「一」は何倍にもかけただけ大きくなります。

ゼロと一の違いは「イチ」しか違わないのに”差”は無限大なのです。

「そんなこと、知っています。」よね。

だから差がつくのです。

一度に10人以上ぐらいの人と名刺交換をするとその人の”それぞれ“がよくわかります。
その時の気持ちを反対の立場の自分に置き換えて考えてみる。

考えて考えて考え尽くす。
するとその考えが何かの拍子(きっと臨界点)に湧き出てくる。
それがアクションになるのです。

「考えているだけではダメ」なのではなく、そもそも「考え方が足りない。」と“考え方”を改めることです。

もっともっと考えて、勉強して、人と会っていろいろなことを“全部”やってしまいましょう。

できますよね、これを読んでいるアナタなら…。










快晴の都内です。
連休の“谷間”に来てくれて、ありがとうございます。










この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ