2021/8/3

夢の舞台。<6,610本目>  ひとりごと

東京オリンピック2020、出場するだけでも大変なこと。
応援している方はお気楽なものだが、アスリートは本当に何年も毎日努力をしている。
その真剣な取り組みを十分に感じることが出来るので勝っても負けても感動をする。
悔し涙よりもうれし涙を流したい。
誰もが同じ思いだ。

バレーボールはやったことがないが、女子バレーが好きでよく応援していた。
(サオリン好きだったなぁ〜、プリンセスメグも(^-^;)

そして今回の
男子バレーボール準々決勝。
予選リーグからキャプテン石川祐希選手の存在感は光っていた。
確実に日本チームを引っ張っていた。
でも、ブラジルの壁は高かった。

試合後の石川祐希選手の涙は美しかった。チームメイトの涙も美しかった。
勝ち負けだけの感情以外に人間はいろいろなことを感じることが出来るのだ。
そして感動する。

女子バレーチームには石川祐希選手の妹、石川真佑選手もいる。
身長170センチ台の小柄なのにスパイクを打ち抜く!
彼女も確実に日本チームの宝だ。

スポーツの素晴らしさから自分の生きざままでも考えさせてくれる。
感情を揺さぶられる毎日だ!

全部の選手を応援する。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ