2019/6/27

ココだけ。<6,317本目>  ひとりごと

焼肉屋さんへは若い頃よく行きましたが、
最近ではめっきり行きません。
特に自分でBBQを開催するようになってからは
「肉の品質」を見極めて調達して食べるので、
通常の外食では満足できなくなってきているのです。

それでも(豊橋から)電車に乗ってでも行きたい焼き肉店が
蒲郡駅前の「三階松」さんです。

もう焼肉屋さんで行くのは「ココだけ」なのですが、
嬉しいおもてなしを受けました。
クリックすると元のサイズで表示します

高級和食店ではこんな対応を受けたことがありますが、
焼き肉店では初めてです。

スタートした「前菜(扱い」」がこちら
クリックすると元のサイズで表示します
一人ずつのお皿で運ばれてきます。

ココからさらに「本番の焼肉」が始まりました。
肉そのものの素材の美味さを活かした食べ方を店主が教えてくれ、
そこにアルコールも入り、
さらに、楽しい仲間たちとの会話が添えられて
とても、とても“おいしい時間”を過ごすことが出来ます。

親しい人はどうしても連れていきたいお店です。

2019/6/25

今のタイミング。<6,316本目>  ひとりごと

「旬」はビジネスでもとても大切なタイミングです。
そのタイミングを見極めることが
ビジネスセンスでもあるでしょう。

おいしい野菜は、旬。
おいしい魚は、旬。
季節感の中においしさ倍増ポイントがありますね。

ってわけでもないのですが商品名に“旬”がついています。
クリックすると元のサイズで表示します
感じています(^^)/。

2019/6/24

音を楽しむ。<6,315本目>  ひとりごと

Amazon musicを楽しんでいます。
以前は仕事中に音楽やラジオなどの音を流すことなどありませんでした。

Amazonプライムを使うようになって
俄然音楽を聴くようになりました。
オフィスでも基本的に静かに音楽を流しているのですが、
そこでAmazon musicを気に入っている点が、
「お客さまにおすすめのプレイリスト」が表示されることです。

特定の歌手やアルバムを聴くというスタイルが
今までの視聴パターンだったのですが、
Amazonのリコメンドがユニークなんです。

また、例えば「読書しながら聞くクラッシック」とか
「泣けるポップス」とか
「雨の日に聞きたいカフェジャズ」
「切なくなるバラード」とか
「30分でバッハ聞きかじり」など
自分からは絶対にテーマにできないような音楽を知るのですが
選曲そのものタイトルがユニークでつられて聞きます。

BGMとして流しておくには、
曲名を知らなくても逆に気にならない曲なので最適です。
また、気分に合わせてくれて(いるような錯覚)いるので
これもストレスになりません。

まさに「音」を「楽しむ」感覚です。
音楽の力をこの一年ぐらいは実感しています。
音から伝わってくるメッセージを感じながら
自分と向き合えるような気もします。

歯医者さんでFMラジオが流れているところがありますが、
あまり、落ち着きません。
Amazon musicに「痛みが気にならない音楽」なんて特集があれば面白いのにね(^^)/。

2019/6/22

ダメージはある。<6,314本目>  ひとりごと

まさかの「119番通報」からちょうど一ヶ月(4週間)経ちました。
ドクターからは「10日間程度入院」と言われていたのですが、
諸々の事情で3日で退院。
結果的には1週間ほぼ絶食でしたが、通常(のカラダ)に戻っている自覚でした。

でも、やはり体そのものは正直で、
今週やっと、
「まともな体調かな」と感じることができるようになりました。

ヨガをやっているときにインストラクターの先生がよく
「自分のカラダで起こっていることを(感じて)意識して」と言います。
何のことだか当初はわかりませんでしたが、
今年の春ぐらいから
だんだんその意味や意識がわかるようになってきた(気がする)。

気持ちも体も、
自分から自分へのメッセージはあるんだな。

経営者も
「自分の(実現したい)やりたいコト」や
お客さまにしてあげたいコトがあるはずです。
そこに慎重に耳を傾けることが大切なのかもしれません。

ダメージがあった場合はそこをきちんとリカバリーすることも
大切なアクションです。
自分へのダメージを誤魔化してしまうと,あとで大きなツケが回っていきます。



2019/6/21

東京オリンピック。<6,313本目>  ひとりごと

2020年の東京オリンピック、楽しみですね。
1964年に開催された東京オリンピックは、
ほとんど記憶にありませんが、「長時間走っている映像」(要はマラソンですね(^^;))
を眺めていたことはかすかに覚えています。

今回は自分の目と足で東京オリンピックを楽しみたいと思って、
テニスの決勝と3位決定戦へ申し込みました。

抽選結果は
「全滅」です(:_;)。

今後もまだチケット入手のチャンスはあるようなのですが、
目の前の試合をリアルで観戦することはかなわないでしょうかね。

まさに、一生に思い出なんですけどね〜。
クリックすると元のサイズで表示します

2019/6/20

観劇で感激。<6,312本目>  ひとりごと

数年前から、毎年「今さら劇団部」というアマチュア劇団の演劇を鑑賞しています。
それまで、演劇には全く興味がなかったのですが、
劇団員の一人と勉強会で知り合い、
それ以来、毎年欠かさずに観に行っています。
クリックすると元のサイズで表示します
過去には
観劇していて、感極まって涙してしまうシーンもありました。
それほどの演技を見せてくれます。

仕事をしながら劇団活動をすることは時間的も大変ですが、
情熱をもって一つのことに取り組むことは
まわりにもその熱量が伝わりますね。

表現することの楽しさや奥深さを学ぶこともできます。

今年は「舞台監督」の手腕にも注目です!

2019/6/19

ホームページが大切です。<6,311本目>  ひとりごと

身近になった情報収集の一つとしてホームページがあります。
大手企業から中小企業をはじめとした個人事業主まで、
キチンとメンテナンスすれば対等な情報発信が可能です。

とは言っても、なかなか「頭がアナログで…」とか、
「(普段日常業務が)忙しくて…」とか、
「うちは口コミだけだから(ホームページは)必要ない。」とか。

もっともらしい“言い訳”をして取組んでいない、
または、ホームページそのものを安易に考えている方も少なくない。

せっかくいい商品やいいサービスを提供していても、
お客さまに知っていただいて、利用していただかなければ宝の持ち腐れです。

そこを何とかしようと立ち上げたのが「アッと@ホームページ」というサービスです。
今では情報(収集)検索をスマホで日常的にやります。
だから、
レスポンシブデザインと言って、ホームページがスマホで閲覧することにも対応しています。

また、会員になると
マーケティング実践会」(受講料1万円)のセミナーに
年4回、無料での参加もできます。

その第10回目のセミナーでした。
クリックすると元のサイズで表示します
セミナー2本立てもありの濃密な時間です。

参加した会員さんの業績が少しずつでもアップしている報告を
うけることが嬉しいですね。



2019/6/17

旨さが違う。<6,310本目>  ひとりごと

夏の風物詩の一つにスイカがあります。
大きく半月形に切って、ガブリと豪快に食べるのもいいですね。

豊橋市には「天伯スイカ」として、とてもおいしく出回っています。
クリックすると元のサイズで表示します
お行儀良く、
「いただきます!」
(^^)/

2019/6/14

プロに触れる。<6,309本目>  ひとりごと

「おいしい“宴”奏会」という
プロの演奏を間近に聞き、
ワインのプロであるソムリエから料理とのマリアージュを学び
贅沢な時間を過ごす場をプロデュースしています。

来月3回目となるテーマは
「軽快なリズムで味わうぎたーとスパークリングワイン」

目の前でのプロの演奏は何とも言えず感動と感激があります。
音楽の力、楽器の魅力が存分に感じることが出来ます。

カッコよく言えば「感性を磨く」ことが出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
毎回「満員御礼」となってしまう人気のイベントとなりました。

チケットはすでに完売です。

アマチュアとプロの違いを
実感して、ビジネスはプロなんだ!とも気づかされます。

2019/6/13

中小経営者に必要なコト。<6,308本目>  ひとりごと

お客を愛し、お客に愛される商人の総合誌
月刊「商業界」7月号の巻頭特集です。
新時代を明るく元気に生き抜く
クリックすると元のサイズで表示します

令和の「経営方針」
クリックすると元のサイズで表示します

勉強の基本はなんといっても
「読み・書き・そろばん」です。
それをバージョンアップして
「読み・聞き・IT」です(^^)/。

2019/6/12

今年も熱い夏を!<6,307本目>  ひとりごと

今年度も豊橋市(愛知県)が主催する
「売れる新規ビジネスプラン作成講座」が開催されます。
http://www2.city.toyohashi.aichi.jp/tech/training/course/22_plan.html
このセミナー受講生の中からビジネスプラン最優秀賞や特別賞など数々の
「売れるビジネス」が誕生しています。
豊橋市以外からの参加も多く、県外からの参加もあります。
定員数が少ないですから、お早目のお申込みがGoodです。



「第15回東三河ビジネスプランコンテスト 最優秀賞受賞」
山口化成工業株式会社 代表取締役 松倉利夫氏
クリックすると元のサイズで表示します

2019/6/11

一目で。<6,306本目>  ひとりごと

おいしそうでしょ。
クリックすると元のサイズで表示します
全く期待を裏切らず、
期待以上の上品な甘さを堪能できるおいしさでした。

今の気温だと確かに暑いですが、
クリーム系が好まれますね。
これが30度を超えてくると
シャーベットのようなサッパリとして舌触りがサラッとした氷系が好まれるようになります。

気温が食べる時の志向を大きく作用します。

2019/6/10

93勝2敗!<6,305本目>  ひとりごと

テニスの4大大会ブランドスラムの一つ全仏オープンが
パリのローランギャロスで開催されていた。

今年のチャンピオンは
ラファエルナダル選手(スペイン)で、実に12度目の優勝を飾った。
全仏オープン初出場の2005年に
初優勝して以来15年連続出場していて
12回も優勝しているのだ。

93勝2敗って勝率にすると「97.89%」となる。

モノゴトで、「成功の確率は約98%」と表現してあれば、
日常的には「確実」と判断するだろう。
そう考えると
ナダル選手の優勝は「毎年確実」とみられているのかもしれない。

ただ、アスリートは年齢と共にフィジカルは劣化してくる。
また、次世代の成長選手もどんどん上がってくる。
その年の体調管理や天候状態や試合状況もも毎年違うはずだ。

それでも、成績は「いつもと変わらず」同じように残しているのだ。
信じられないし、考えららない!
その背景にはプロとしての情熱とともに、
たゆまない努力が隠されているのだ。

ぼんやりとして過ごしていて、こんな驚異的な数字を残すことはできない。

今回は、知人のおかげでWOWOWでリアルタイムで観戦することが出来た。
対戦相手は昨年と同じ若手の「次世代クレーキング」のドミニクティーム選手(オーストリア)だ。
スコアは
6−3
5−7
6−1
6−1
だったが、
第1セットの第7ゲームが一つの勝負だった。

第2セットをティーム選手がとってセットカウントをタイにした時は
「王者交代の時がきたか。」
とも思ったが、そこからがナダル選手の本領発揮。
どんどん攻め続け勝利をものにした。

その絶対王者のナダル選手に
日本の錦織圭選手はリオオリンピックの3位決定戦で勝利している。

東京オリンピックでの対戦があれば楽しみだ。

2019/6/1

令和時代が始まって。<6,304本目>  ひとりごと

元号が変わり一ヶ月経ちました。

静かにスタートした、という印象です。
もっと劇的に気持ちも行動も変わってくるかと予想していましたが、
予想は外れました。

きっと、時代というのは
「あとから振り返って」から出来上がってくるからだと思います。

あの時こうすればよかった。
もっと違うやり方があったはずだ。
今ならこうするのに。

そんなことを考えるのも、
いつも意識を高く持っているからこそかもしれません。

後悔をしたっていいと思います。
ジブンが歩んできた“事実”だから、その現象は過ぎてしまっているので変わらない。
でも、その時の“気持ち”は変化していくものです。

学生時代の部活で体力的にもつらかった
逃げ出したかったことがあったとしても
それは後になれば“いい思い出”となります。

他が、ビジネスでは
先が見えないだけに不安にもなりますが
だからこそしっかりと目の前の現象をとらえて、
自分の考えをフル回転させてその時の“最適解”を取組むのです。

後でないと後悔は出来ません。
今からまた、新しい新鮮な気持ちにさせてくれる令和が
ますます楽しくなります。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ