2018/2/4

この着眼点。<5,999本目>  ひとりごと

飲料はコーヒーとお茶をはじめ
各メーカーからものすごいアイテム数が発売されています。

それでも、店頭に並ぶものは実際には限られます。
どの店舗でも、陳列スペースの限界があるからです。
仮に陳列のフェイスを確保しても、
リピートされなければすぐに撤去されてしまいますから
売り場の「椅子取りゲーム」は熾烈です。

電車のお供に何げなく買ったお茶ですが、
クリックすると元のサイズで表示します
ペットボトルごと電子レンジで温められるアイテムも出てきましたが、
そこに、残量に合わせて電子レンジで“チンする時間”が
メモリしてありました。

これは残ったお茶を再度温めたいときにはとても便利です。
大手メーカもあの手この手といろいろと知恵を絞っています。

中小こそもっともっと知恵と工夫をしていかなければいけません。
またそこが楽しみでもあります。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ