2017/9/23

リズム感。<5,866本目>  ひとりごと

スポーツをしているときに、
「流れ」を感じることがある。

勝負の流れであったり、自分自身の体調変化だったり、
単一的に流れていることはない。
状況が常に変化してそれにどこまでアジャストできるかが勝負の分かれ道になる。
自分のペースにどれだけ引き込めるかが大切なのだ。

野球でもピッチャーが剛速球を投げれば必ず三振が取れるかというとそうでもない。
バッターもタイミングを合わせて強振して
当たれば一発ホームラン!となる。
相手のタイミングになってしまっては痛い目に合うのだ。

ビジネスでも全く同じで、
一本調子や昨年と同じことだけを考えていては
お客さまは飽きてしまう。
いつも変化を持たせたいのだ。

かと言ってガンガンばかりがいいのではない。
音楽でも音の抑揚やリズムがあるように、
その場に合った相手が心地良くなるリズム感が大切なのだ。

大きい音ばかりを出せば注目されるかと言えば、うるさいだけの時もある。
テンポばかりを強調するとせわしないだけにもなる。

テニスでも、リズム感が悪いなぁ〜という人は
肝心な時にミスをしている。

お仕事のリズム、生活のリズム。
どんなタクトを振れば快適かをチャレンジだな。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ