2017/9/12

ミスをする時。<5,855本目>  ひとりごと

可能な限りミスはなくしたい。
ミスをしてお客さまに迷惑をかけることが一番いけない。
お客さまからの信用を無くしてしまう。

どんな時にミスをするかを思い出してみるといい。
そうすると共通点があるはずだ。

それはほとんどの場合が
「急いでいるとき」なのだ。
急がなくてはいけない原因もいろいろある。
自分がちょっとうっかりしていて忘れてしまい、
慌てるときもある。

お客さまから「とにかく急いで!」と言われて急ぐこともある。
時間がギリギリになるとどうしても普段チェックしていたことを疎かにしたり、
省略したりする。
そんな時に限って普段では当たり前にこなしていることにミスが出るのだ。

早目に対処するが一番なのだが、
それも計画がないと早めすらあいまいになってしまう。

計画をそれこそ早めに立てることだな。
そしてスピードアップできる実力をつけることで結果的に余裕が出るのだ。

お客さまの前ではゆったりと余裕を見せて、
その裏では必死に努力をしてスピードを上げる。
アスリートのトレーニングと同じだな。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ