2016/8/16

刻々と。<5,545本目>  ひとりごと

セミの鳴き声が変わってきました。

「暑い、暑い、暑いー」と言っている夏も、
終盤です。
リオオリンピックも後半戦に入ってきました。

秋が来るのはわかっています。
その次には冬が来て年末になりお正月です。

気が早いかもしれませんが、先を意識していることは大切です。
当然その前には“目の前”のことを最優先してこなしていくことが大切ですが、
その場しのぎだけでは、その先はありません。

今日を明日以降へドンドン積み上げていく。

時間は過ぎるのではなくて、重ねていく感覚が必要です。
刻々と、着々と、淡々と。















晴@最高予想32℃。
昨夜の雨のクールダウンで気持ちもリフレッシュして来てくれてありがとうございます。

2016/8/15

使命が力。<5,544本目>  ひとりごと

五輪テニス96年ぶり快挙です。
期待通りやってくれました錦織圭選手、銅メダル!
さすがです。

対戦成績が過去1勝9敗で、
北京五輪金メダリストでもあるラファエル・ナダル選手に
6−2
6−7
6−3
のフルセットを3時間近くも戦い勝利です。

テニスのビッグ4と呼ばれるナダル選手でしかも対戦成績は圧倒的に不利の状態です。
そして舞台はオリンピックというスポーツアスリートが最も経緯をしましながらもそれ以上に緊張が高まる大会。

そこで勝利するということは感動以外の何物でもありません。

「日本のために頑張った(勝利した)ことが心地いい。」
しびれるコメントです。

まさに、彼が“使命感”を持って戦っていたのです。
もちろん対戦相手でも使命を持っていたでしょうが、
そこから発揮される力が勝ったのでしょう。

誰かのために頑張るというのが一番美しいのです。
使命とは愛だと思います。
だから力となるのです。

最高にhappyなタイミングをありがとう!
本当に嬉しい!


















晴@最高予想30℃。
月曜日のメルマガスタートでもお盆休みでも来てくれてありがとうございます。

2016/8/14

気合のぶつかり合い。<5,544本目>  ひとりごと

リオオリンピックのテニス準決勝。
イギリスのマレー選手VS錦織圭選手。

結果はロンドン五輪金メダリストで世界2位のアンディ・マリーに
1−6
4−6
で敗れた。

もちろん錦織圭選手を全力応援しているのだが、
マリー選手側の立場で応援を考えてみた。

「ロンドン五輪のチャンピオンであり、
世界ランキング2位(錦織圭選手より上位)で過去の対戦成績も1敗しかしていないから間違いなく勝つでしょう。」
となるだろう。

同じ対戦でも見る立場を変えてみると色入りと違ったことも見えてくるものだ。

勝負だからどちらも勝ちたいに決まっている。
どこに体力、メンタル、テクニック、そして気合も全部ぶつかり合うのだ。
個人の大会ではあるが、
そこに背負った“思い”はとても重いし、その期待に応えようと必死に頑張っている。

世界一流の世界に
TV観戦とは言えども、連日触れることができるのはとても有り難いことだ。

どのアスリートもけがなく、
精いっぱいの力を発揮してほしい。
安心してスポーツに打ち込める世界があれば本当に幸せな“地球”が実現するね。
















曇@最高予想30℃。
お盆休みにゆっくりしながらちょっと雨も降り過ごしやすいと感じて来てくれてありがとうございます。

2016/8/13

チャンピオンだからこそ。<5,543本目>  ひとりごと

連日リオオリンピックでの日本人の活躍にうれしく思う日々です。

テニスでも錦織圭選手が準決勝へ進出し
金メダルへの期待も高まってきています。

準々決勝のスコアが
7-6
4-6
7-6
のフルセットなのでそれだけでも激戦だったことがわかります。

テニス経験者なら理解できると思いますが、
「7-6」というのはタイブレークという試合方式で、
ゲームカウントが6−6になったときに、先に7ポイントを取った方が勝ちという
とても“ドキドキ”する方式なのです。

ファイナルセットをタイブレークで迎えて、
さらにポイントが3−6となりました。
つまり、相手が1ポイントでも取れば勝ち(錦織圭選手の負け)となる場面です。
錦織圭選手が3ポイント連続して取って、やっとイーブンとなる絶体絶命のピンチです。

“普通の選手”なら、ここから挽回できることはほとんどありません。
3回ミスをしてもまだ負けではないわけですから、
何らかの勝負を仕掛けて1回成功すればゲームセットなのですから。

でも、ここからの錦織圭選手が凄かったということです。
なんと5ポイント連続して取って逆転勝ちなのです。
オリンピックというただでさえプレッシャーがかかり場面での挽回は、
やはりチャンピオンにしかできないことなのです。

歴代のテニスチャンピオンも、マッチポイントの握られてから負けないという選手は
間違いなく超一流の選手です。
錦織圭選手も間違いなくその仲間です。

次の対戦相手はロンドン五輪金メダリストのアンディ・マリー選手です。
目が離せません。

日程も体力も厳しい状況で錦織圭選手は頑張っています。
ハッキリと「いい成績を残せば日本(の国民のみなさん)にもいい影響が出る」と言っています。
その使命感もまた素晴らしいしカッコいい。

純粋に応援してください!

















曇@最高予想30℃。
お盆休みで一息つきながら気持ちも変わりながら来てくれてありがとうございます。

2016/8/12

まとまった時間。<5,542本目>  ひとりごと

いつも忙しくしている人。
時間がないと嘆いている人。
“バタバタ”している人。

「たまにはゆっくり〜」なんてことだけを考えている人がいます。

そんなことを考えている人の共通点は、
「いつまでたっても“時間”がない。」ということ。
その人にまとまった時間があったとしても、
結局同じことを言うのです。

つまり
時間に対しての考え方が間違っているのです。
だから使い方も間違えてしまうのですね。

時間は有限ですが、
“使い放題”なわけでもあります。
どれだけ時間を使っても、だれも文句は言いません。
それは自分の時間だからです。

なんとでもなるのが時間だといえます。

お盆休みがスタートしました。
お休みだから時間があるのかなと思っても、
それはお仕事がお休みなだけであって自分のまとまった時間としては
やはり時間が足りないのかもしれません。

やりたいことをどんどんやっていきましょう!

















曇@最高予想31℃。
週末なのかお盆休みなのか飛び石連休なのかいろいろなスタンスで来てくれてありがとうございます。

2016/8/11

チャンピオンの条件。<5,541本目>  ひとりごと

どのスポーツでも
始めがあり終わりがある。

その間で力の差が出て最終的に勝負が決まる。

どちらに勝負の女神がほほ笑むかなのだが、
勝負事なので「一進一退」がある。
そこで強い選手はその一進一退に揺らがない力を発揮するのだ。

つまり目先のことに「一喜一憂」はしないのだ。

自分が目指している目標を達成するためには、
今何をしなければいけないのか。
を明確にイメージしているのだ。

今、どんな状況で自分が勝負の中に置かれているのかを
無意識に冷静に分析しているのだ。
そのうえで自分がやることを、
これもまた無意識に行動できているのだ。

メンタリティーの強さは、
時間をかけた鍛錬しかでき上らない。
それをやり遂げるアスリートたちは本当に尊敬できる。
だから勇気をもらえるし感動を与えてくれる。

与えられるばかりじゃなく、
自分でもきちんと、
しっかりと、
まじめに
過ごさないとな!

















晴@連日猛暑日。
最高気温が33℃になっても負けない対策をしながら来てくれてありがとうございます。

2016/8/10

素晴らしいよな、Nippon。<5,540本目>  ひとりごと

オリンピックが開幕して、
連日アスリートの熱い戦いがあります。

日本人、本当に頑張っているじゃん!

「メダル、メダル」って単純に言うけど、
出場して、異国の地で自分の力やそれ以上を出しているってすごいことなんだよね。

どんだけ努力してんだ!

卓球のアイドル、愛ちゃんの対戦をリアルでTV観戦していたけど
その表情が素晴らしい。
集中すると顔つきが変わりますね。

そのあとすぐに、7人制ラグビーのニュージーランド撃破!
手に汗握る攻防とはまさにこのことだ!って感じでした。

ケガをしないで、精いっぱい頑張ることを願っています。

自分たちも目の前のお仕事を、
怠けることなく、
驕ることなく、
逃げることなく、
精いっぱい頑張らないとね。


2016/8/9

moreな“しゃべり場”<5,539本目>  ひとりごと

8月8日は法人化20周年記念イベントでした。

各地からお忙しい中たくさんの方が集まってくださいました。
第一部の昼の部から
第二部の夜の部まで入れ替わり立ち代りでした。

10人も入ればいっぱいの「ホワイトテラス」に
50名近くのみなさまにお越しいただき、
深夜までしゃべりっぱなしでした(^^♪。

とても楽しいひと時を過ごすことができて有難かったです。
そして、今までのことこれからのことをしっかりと考える時間とも重なりました。

自分の「使命」とは何か?
そんなことも考えていましたが、大笑いの連続でした。

ありがとうございます。

第1部(14:00〜16:30)
「moreなアフタヌーンテラス」
クリックすると元のサイズで表示します

第2部(17:30〜21:00)
「HINO de NIGHT」

クリックすると元のサイズで表示します

素敵なお花やワインもたくさんいただきました。
また“ワイン会”でも企画しなくっちゃ。




2016/8/8

数字好き。<5,538本目>  ひとりごと

8月8日は株式会社に登記した、
会社の誕生日です。

「8」が好きな日野はそれだけで
平成8年8月8日に法人化しました。
今年はちょうど満20歳の“成人式”となります。

そんなことが頭にあってか、今朝目が覚めた時に時計を見たら
「4:44」でした。
数字でも特にゾロ目が好きなんでしょうね。

それがどうした?
というわけではありませんが、
好きとか嫌いという感情はその人の行動も変化させます。
色でも好き嫌いがありますね。
味とか形とかいろいろと気になる“条件”があると思います。

午後から
「法人化20周年記念」moreな“しゃべり場”を企画しましたが、
第1部(昼の部)、第2部(夜の部)
いずれも定員オーバーで、会場キャパが限られているので、
まことに恐縮でしたが20名以上の方をお断りしました。

午後からは、
ケーキとコーヒーです。
夕方からはワインと芋焼酎とお食事です。
ビールサーバーも用意しちゃいました。

昨年10月8日(←長女の誕生日)に
リノベーションしたホワイトテラスを楽しんでいただきます。

豊橋市外の名古屋はもちろん横浜や岐阜、三重、静岡などの遠方からもわざわざお越しいただけるので恐縮至極ですが、
“誕生パーティー”とさせていただきます(^^♪
















晴@最高予想34℃。
猛暑のピークですが、涼しい顔をして来てくれてありがとうございます。

2016/8/7

4年に一度。<5,537本目>  ひとりごと

リオデジャネイロオリンピックが開幕しましたね。

テニスの錦織圭選手は初戦を快勝です。
メダルへの期待がかかります。

常に世界を転戦している錦織圭選手の凄いところは、
環境(国やテニスコートの状態)が変わっても、常にそこにアジャストして
勝利を挙げていること。

そして、試合をすればするほど自分のレベルを上げていることです。
その裏には科学的なトレーニングも含めて
しっかりと努力をしていることでしょう。

されにコメントでカッコいいのは、
「(オリンピックは)4年に一度しかないので、気持ちも高まる。
そして、そこでいい結果を出せば日本のみなさんにも勇気と感動を与えることができる!」と言っていることです。

日本の宝であり、日本人の誇りです。
メモリアルイヤーの、このタイミングで
どんなメモリアルなことをしてみますか?















晴@最高予想32℃。
熱中症に気をつけながらオリンピックに熱中して元気に日曜日を過ごしながら、来てくれてありがとうございます。

2016/8/6

前へ。<5,536本目>  ひとりごと

時間とともに、
体は経年劣化する。
それでも前に進むことが大切だ。

そのためには、“燃料”が必要になる。
燃料補給をしてそれを燃焼させて動力源とするのだ。
自分にとって何が燃料となるのかをきちんと見極めておこう。

それが趣味であったり、読書であったり、
スイーツであったり、人であったり…。
なんでもいいのだ、これを補給すれば自分はなんとか行けそうだ!
そんな気分にすることが重要なのだ。

前向きなんて言葉はすでにチープだ。
標準が“前へ”なのだ。

ぼやぼやしている場合じゃないぞ。
暑い暑いの連発だけじゃないぞ。
ストレスたまる〜なんて言っている場合じゃないぞ。
“たまには”休まなきゃぁ〜なんて言っている場合じゃないぞ。

行くぞ!


















晴@最高予想31℃。
熱中症に気をつけながらもお仕事に“熱中”した週末に来てくれてありがとうございます。

2016/8/5

遊びの計画。<5,535本目>  ひとりごと

夏休みもピークを迎え、来週にはお盆休みにもなります。

暑い夏にやりたいこともありますが、
少しはからだの“休息”が必要かもしれませんね。

お盆休みはどこへ出かけても混雑して、渋滞して、待たされて、サービスのクオリティが高くないので、
どこへも基本的に出かけません。

それでも十分に“遊び”になります。
遊んでアタマも解放されてまたまた頑張れますね。

しっかり遊びの計画も立てたいと思います。
















晴@最高予想31℃。
猛暑続きですが週末で少し気分的にリラックスして来てくれてありがとうございます。

2016/8/4

整理すること。<5,534本目>  ひとりごと

経営相談でお話を聞いていると、
どの部分に悩んでいるのかがわかる。

でも話をしていろ本人にはなかなか分かっていないことのほうが多い。
話をしている内容は決して無理なことではないのだが、
実行に移そうとすると躊躇してしまう時が多いのだ。

それは、今までと違うことに取り組むことへの不安が先に立つからだ。
今まで通りのことをやるにはほとんど抵抗はない。
でも今まで通りだけではお客さまにもっと喜んでいただくには不十分だ。
だから、何かしらのアクションを起こそうと相談に来るのだが、
それができない原因がある。

それは自分の頭の中が整理できていないことにある。

整理できていると思っているだけでできていない。
それがわかるのは簡単だ。

思っていることを紙に書き出してみるといい。
それが書けないとなるとやはりまだまだ考えが足りないということだ。
そして書いてみると、考えが重なっていたり、抜け落ちていたりしていることがはっきりする。

ハッキリしないから動きずらいのだ。

動くためには、まず整理だ。
整理をしないで走り出していては、
走りながら考えることもできない。

アタマもデスクの上も整理をしてみよう!

















晴@最高予想30℃。
今年の夏は昨年より暑くないなぁ〜とちょっとだけ感じながら来てくれてありがとうございます。

2016/8/3

ラン日本一。  移動の達人

花のまち、豊橋市は110周年です。

豊橋駅改札口に出現した巨大なオブジェは蘭の花です。

迫力があって美しいです。



大好きな街です。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/8/2

強弱をつける。<5,532本目>  ひとりごと

生活のリズムであったり、
仕事のペースであったり、
毎日はどんどん時間が過ぎていく。

時間だから止まることはそもそもないのであるが、
その時間をコントロールしようと思ってもできない。
できるのは自分のコントロールだけだ。

そしてその時間のコントロールには
早さが求められることが多い。

ワインやウィスキーなどで熟成に時間をかけたほうがいい場合もあるが、
おおむね早いほうがいい。

その速さの中にももう一つの概念として
「強弱」を盛り込む。

同じことをやっていても、ガンガンやって強調するときと、
少し力を抜いて弱めてやることを作るといいのだ。

強いと弱いもどちらも客観性はなく主観的な“比較”できまる。
強くしようと思っても、もともとが強くしていればそれ以上に強くすることはできない。
スターをと少しだけ弱くしておけば、それよりも強めらば強くしたことになる。

音量などのボリュームで例えれば、
「10」が最大のレベルなのに
最初から「9」でスタートしてしまうと強さが協調できない。
でも最初を「2」でスタートすれば「5」になってもボリュームを上げたことになり強調させることが可能だ。

自分のペースを客観的に見て、
そして主観的に進める。
そんな強弱をつけてみると面白い!

















晴@最驚予想28℃にわか雨?
セミの大合唱が夏の朝にはよく似合うなぁーなんて感じながら、来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ