2016/4/15

負けない相手はいない。<5,424本目>  ひとりごと

かつてテニスの錦織圭選手が
「もう勝てない相手もいないので…」と言って、日本のテニスファンを勇気づけてくれた。
以来、有言実行で日本のテニスの歴史を次々と塗り替えてくれる。
素晴らしいプレーでテニスファンだけではなく、アスリート全体、
日本中にも力をくれる。

そこに立ちはだかる“絶対王者”ジョコビッチ選手。
先日のマスターズ1000の大会決勝でも錦織圭選手に圧勝した。
そのジョコビッチ選手が、
まさかまさかの2回戦敗退(第1シード選手なので1回戦はない)だ。

世界ランクでは50位以下の新鋭だ。(世界ランク100位以内でも今の日本テニス界では快挙だが)

誰も、負けるつもりで試合に出る人はいない。
相手が誰であろうと自分の最大のパフォーマンスを発揮して勝とうとする。
だから実は“絶対”ではないのだ。

勝ちがあれば負けもある。
だからそのまま勝負という。

必死にチャレンジすることなのだ。
負ければ当然悔しい、眠れないはずだ。
その負けが次の勝ちへともつながるのだ。

負けず嫌いとは負けをきちんと認めることから始まる。
負けた自分が勝ちを呼び込む。
勝たないと学べないことがたくさんある。

そのステージを見るために日々努力をするのだ。

ビジネスの世界でも勝ち負けと表現することがあるが、
自分が目指すところへどうやって勝ち上がるかだけである。
やる前から諦めていては勝負にならない。

準備をして自分をメンテナンスしてしっかり勝ち切ろう!

















晴@最高予想20℃。
新年度もちょっと一息週末に、来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ