2016/4/4

次は勝ちたい!<5,413本目>  ひとりごと

勝負の世界だから、
勝つか負けるしかない。

アメリカのフロリダ州マイアミで開催されている
テニス・マイアミ・オープン男子シングルス決勝は
世界ランク6位で第6シードの錦織圭選手が世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ選手に挑戦。
テニス選手で、ジョコビッチ選手と対戦できるだけでとてもすごいことなのだが、
それがマスターズ大会の決勝背ならなおさらだ。
結果は
3―6
3―6のストレート負けだが、
直後の表彰式では錦織圭選手は悔しそうに「次のマスターズでは勝ちたい」と言った。

悔しいのだ、どうしても勝ちたいのだ。
そのために努力をするのだ。

マスターズ大会とは年に9大会が開催される。
全豪、全仏、全英、全米のグランドスラム大会の次に位置づけられ、出場するだけで数年前は「快挙」と言われていた。
それが決勝戦に錦織圭選手が登場なのだ。
今までマスターズ大会は53大会開催された。しかしそのうち49大会を“ビッグ4”と呼ばれるジョコビッチ、マリー、フェデラー、ナダルの4人が制している。
その一角に錦織圭選手が存在しているということだ。

どの選手でも、負けるときはある。
どんな時でも負けない強さを維持するために、過酷なトレーニングを積み重ねる。

「勝ちたい」、この気持ちがとても大切なのだ。
自分との挑戦でしっかりと向きあるからこそ出る言葉だ。

「無理しなくてもいいんだよ〜。」とか
「自分にご褒美〜」なんて甘っちょろいこと言っている次元ではないのです。

自分を高めること、そこに向かっていけることが一番happyだと認識するのだ!


















雨@メルマガ配信。
新年度は今週から本格的にスタートだぁ〜って気合い入れて来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ