2014/10/1

上がいるから頑張れる。<4,864本目>  ひとりごと

日本テニスの将来が明るい。

19歳の超新星、西岡良仁選手がアジア大会で第1シード選手をストレートで破って優勝しました。
同じ種目の日本選手としては1974年のテヘラン大会で坂井利郎選手が優勝してから40年ぶりの金メダルだそうです。

“錦織効果”とも言えますが、テニス界としては大歓迎です。
上位シード選手に果敢に挑んでコートを走り回る、
その若者の姿が躍動感があっていいですね。

シード選手が勝つだろうという予想を裏切って、
味方の期待に応えて下位の選手が勝つところがスカッとします。

同じアジア大会の卓球女子団体で
日本の福原愛選手が
中国の選手で世界ランキング2位の選手に初めて勝ちました。
団体戦としては負けてしまいましたが、
“絶対勝てない”と言われている相手に勝つのは、
大変ですが、
それができるようになることが自分のレベルアップにつながります。

上を破る快感がモチベーションになります。

「今に見ていろ〜っ!」
っていう根性見せないとね。













曇@最高予想25℃。
さぁ、10月のスタートだ!って来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ