2014/9/9

これでも、まだまだ・・・。<4,843本目>  ひとりごと

「まだ、何も成し遂げていない。」
これは、
テニスのグランドスラム大会USオープンで決勝進出を決めた
錦織圭選手にコーチのマイケルチャンがかけた言葉だ。

ベスト4進出だけでも偉業だ、
そしてさらに上の決勝進出も日本のテニス市場では歴史的な快挙だ。
それでも「まだ」なのだ。

凄いコーチだ。
マイケルチャンが現役選手の時
全仏オープンで優勝した時は鮮烈だった。

相手が打つボールを体格でも劣るマイケルチャンが
ことごとく拾いまくるのだ。
そしてチャンスボールはバシッと打ち込む。

打つボール打つボールが拾われて、疲れ切ったところに
打ち込まれた相手はその粘りに負けてしまう。
そう、ちょうど今の錦織圭選手とスタイルはかぶるのだ。

確かにグランドスラムで優勝していないので、
コーチが言う言葉ももっともなコトだ。
それを錦織圭選手がキチンと受け止めて取組んでいる事だ。
この素晴らしい信頼関係もまた美しい。

もはや今の錦織圭選手は快挙ではないと思う。
それは、例えばジョコビッチ選手が優勝してもだれも快挙とは言わない。
今の錦織圭選手はそれと同じ存在なのだ。
快挙ではなく、今の実力が“標準”なのだ。

一時的な大騒ぎではなく(それもまたテニスファンとしては有難いコトだが)、
テニスを通して、大きな感動を与えてくれた錦織圭選手に大きな声援を送りたい。

今現在第1セット
2-5と劣勢に立たされている。
頑張れ!
頑張ってください!!












晴@徳島へ。
いいお天気の中、早起きしながら来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ