2014/9/5

またまたやった!<4,839本目>  ひとりごと

やっぱりすごいよ、錦織圭選手。

アメリカ、ニューヨークで行われているテニスのグランドスラム大会のひとつ、全米オープンテニス男子シングルス準々決勝が行われた。

日本のテニス界のエース世界ランキング11位の錦織圭選手が
今年の全豪チャンピオンで世界ランキング4位のスタニスラス・ワウリンカ選手に競り勝ちベスト4進出です。
スコアは
3−6
7−5
7−6
6−7
6−4
というフルセットでしかも、タイブレークが2回もありまさに死闘でした。

そこで集中力を切らさずに戦略を練り、ひたすらボールに食らいつく。

マッチポイントを取って勝った瞬間、
ヘトヘトでガッツポーズも出来ないほど疲れ切っていたといいます。

テニスは一発逆転がありません。
ポイントはどんな素晴らしいショットでも1ポイントずつの積み上げです。
だから、窮地に追い込まれても、そこを何とかしのげば万事休すとはなりません。
諦めずに頑張り自分のチャンスを耐えならがじっと待つ。

体力やスピードでは劣っているのに勝利したその姿は
テニスファンだけでなくとも勇気がもらえます。

試合後少し経ってやっと嬉しさがこみあげてきたその表情は
観ている方も笑顔になれます。

クリックすると元のサイズで表示します
おめでとうございます。

次は世界ナンバーワンのジョコビッチ選手ですが、
1勝1敗の五分の成績。

その対戦が実現しただけでファンとしては嬉しいですが、
もちろん錦織圭選手の笑顔がまた見たいですね。

ユニクロのテニスウェアを着て
ヒノテニスも頑張ります(^^ゞ。













雨@最高予想27℃。
あっと言う間に週末だなぁ〜と感じて来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ