2014/9/1

観劇de感激。<4,835本目>  移動の達人

今年も観てきました。

友人が所属している「今さら」劇団部の公演です。
クリックすると元のサイズで表示します
テーマは、映画でも上映された「今度は愛妻家」です。

数年前に映画放映されていた時に見ているのですが、
ストーリはほとんど忘れていました。

2時間の公演だったのですが、
少しずつ内容を思い出しながらの観劇です。

1時間を過ぎ後半になってきたあたりから、
演技もだんだんと内容の核心に踏み込んでいきます。
今回の公演は会場を「小屋形式(?)」にされていて100名弱程度が定員の
舞台がすぐ目の前での観劇です。
役者さんの息づかいが聞こえてきそうです。

終盤に差し掛かり
途中ストーリーを知っているにも関わらず
あまりにも感動をして、涙があふれてきました。
内容がなんだか日野の琴線に触れてきてしまいました。
お隣の一緒にいた友人に気づかれまいと涙をこらえましたが、ダメでした(>_<)。

プロではない劇団なのですから10名程度の構成員です。
そのメンバーが舞台から大道具小道具、
音響からそしてチラシ作りや集客までを全部こなします。
イベントをいつも企画している日野ですから、
その苦労は計り知れないコトを知っています。
そんなことを微塵も出さずに演技も素晴らしく、
感激をしていしまいました。

本当にグッとくる観劇でした。

そして、役者さんってその演技で人を感動させることができる素晴らしい人たちなんだと改めて知りました。

来年もぜひ見たい!
と確信して余韻を楽しみました。













曇@静か。
メルマガ、月曜日、9月1日・・全部スタートの日に来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ