2014/3/3

負荷をかける。<4,651本目>  ひとりごと

テニスを2週続けてやることができた。

何年もいつもやっているスポーツなのだが、
久しぶりにやると、やはり筋肉痛が起こる。

その痛みは、今まで使っていなかった筋肉だからだ。
これが高校時代のように(年齢的な若さもがるが)
毎日、毎日やっていたらそんな筋肉痛は起こらない。

筋肉がサボっていたから、
そこに負荷がかかり、筋肉痛となって表れるのだ。

その負荷を積み重ねればそれは痛みを伴わない立派な筋肉となって身に付くということだろう。

だから、楽をしていては身につかないということだ。
普段やり慣れていないことは、
心配になるし要領がわからないので不安も付きまとう。
時間もいつもよりかかりそうなことも想像できる。

またそれ以上に自分への負担を大きいと感じる。
そこでどうするかだ。

やり過ごすのか、挑戦するのかだ。

テニスをやった後の筋肉痛は心地いい。
筋肉が目覚めてくれた感覚もあり活性化した気持ちにもなる。
他の筋肉も動き出して活動的になるような気がする。

人間は本来怠け者なのだ。
そこがわかっていれば、怠けないで過ごすという選択も生まれる。

言い聞かせながら過ごしていこう!












晴@平年並み。
3月最初の月曜日、今月もスタートダッシュで行きましょう!
メルマガも届いているよね(^_-)。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ