2013/3/26

商品を作れ!<4,301本目>  ひとりごと

売っているモノだけが商品なのではない。

お店には商品が陳列されている。
お客様はその陳列の中から商品を選ぶ。

そして手に取る。
手に取ってから、その商品が「自分に合っているか」を確認する。
自分が抱えている“問題点”を“解決”できるかどうかを吟味するのだ。

そして、その解決が期待できればレジへと進む。

そんなプロセスをお客様は常に無意識に行っている。
そしてそのプロセスの最中にお客様の手助けとなるのが、“接客”だ。

その接客は人が行う場合もあるし、POPなどの説明書きを見て行う場合もある。
だから、商品は商品そのものだけで売れているわけではなく
その商品が置かれた“状況全部”で判断されるのだ。

お店、接客、商品、雰囲気、会話などなど、
すべてが一体化したモノがお客様にとっての“商品”なのだ。

その商品をしっかり作り込もう。

いい商品を自分で買ってみるコトが一番の“勉強仕入れ”になる。













晴@寒ッ。熊野へ〜。
日々の気温差が激しくても安定して気持ちで来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ