2013/2/25

農業の若手は頼もしい。<4,272本目>  ひとりごと

農業商売人」。
聞きなれない言葉でしょうが(日野が命名したから(^_^;))、
2日間のセミナーがありました。

豊橋市内の食農産業クラスター推進協議会(株式会社サイエンスクリエイトない)
主催の講座でした。

・これからの農業もしっかりと儲ける仕組みを作っていかなければいけない。
・これからの農業なので若手のヤル気があるメンバーが学ばなければいけない。
・新しい農業の考え方と経営を身に付けなければいけない。

そのコンセプトの依頼があり、
商売屋のせがれとしての日野が担当させていただきました。

6次産業化の流れの中ではありますが、
これからの農業経営を真剣に考え、
実際に取り組んでいる30代後半が中心となったセミナーでした。

農作物はすぐには収穫ができません。

種をまき、管理をして育てることが必要なのです。
それを丹精込めることも忘れずに。

経営も全く同じですね。
すぐには素晴らしい経営もできないし、経営者にもなれません。

育てる必要があるのです。

そのきっかけを日野が携わることができました。

参加者のレスポンスは抜群に良く、
これからの日本農業の方向性も見いだせそうな予感です。

大切な農業っていうことだけではなく、
しっかりとしたビジネスとして“農業革命”が起きてくることでしょう。

そのスタートが始まっています。











晴@寒っ。
今週で2月も終わりだ〜って考えてスタートダッシュの月曜日に来てくれてありがとうございます。
メルマガも届いていますかぁ〜?




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ