2012/12/31

手に入れちゃった。<4,215本目>  ひとりごと

いよいよ、12月31日ですね。

今年一年どうもありがとうございました。
この“区切り”の
ちょっぴり感傷的にもなれる時間が好きです。

年々「ありがとう」と言う言葉が好きになり、
愛着を持つようになった気がします。

ダイヤモンド婚式を迎えた両親を間近に見ていると、
「生きてるだけで儲けもん!」
って感じです(^^ゞ。

しっかり生きないとね。

この数日間は“お休み”でもあるのですが、
年に1回の行事もたくさんありますね。

そして、お休みは、次のステージへの準備期間でもあるのです。

のんびりなんてしていられません。

でも買っちゃいました。
64(ロクヨン)」です。
クリックすると元のサイズで表示します
横山 秀夫さんの著作は一度も読んだことがありませんが、
先日東京出張の時の電車のつり広告で
「今年一番のミステリー作品」につられてしまいました。

ハードカバーで647ページもある分厚い本です。

持ち歩くにはちょっと難儀です。
だから、出歩かないこのタイミングでと考えたのですが、
それ以上にじっくり読む時間がないかも。

でも、楽しみを作っておきました。





【Xmasクイズ答】
「70回」
クロ海さん、見事正解です。
おめでとうございます。

来年早々に「とっておきのプレゼント」を贈りますね。












晴@大晦日です。
今日中に片づけたいことも、明日のお正月準備万端の方も来てくれて一年間ありがとうございます。

明日からもまたお越しくださいませ〜。

2012/12/30

忘年会はやった方がイイ!<4,214本目>  ひとりごと

毎年12月になると、
お酒が飲める飲めないに関わらず、世の中では忘年会がある。

忘年会はそのピークをもう過ぎているのだが、
20年近く参加している忘年会がある。

実際には、参加と言うよりは“主催”しているのだが、
このメンバーがまた面白い。

ただ飲みたい人が来るのではなく、
「1年ぶり」であったり、
「その時初めて」であったりする、
日野が感謝をする“場”なのだ。

もともとは5,6人でスタートしたが、
今では20人近く集まる。

昨年はちょっと広がり過ぎてしまって30人ほど集まったのだが、
今年は本来の姿に近づけるべく20人とした。

そこには経営者を始め“仕事仲間”が集うのだが、
仕事の枠を超えた損得抜きの仲間たちばかりなのだ。

仕事を通じて“友人関係”に発展した貴重なメンバーだ。

開催そのものは公開されてはいるが、
内容は“秘密”なのだ。

だから最近では「シークレット日野忘年会」と呼んでいる。

「参加したい!」と思っても、
日野からの“招待状”がないと参加できない仕組みになっている。

昨夜、開催したのだが
今年初参加のある経営者が奥様を同伴されてきた。
大歓迎である。

人生のパートナーをビジネスシーンに連れてくることはとても素晴らしいことだ。
とても素敵な奥様だった。

ご夫婦が仲睦まじい姿は、周りにとってもとても心地イイ。

カラオケで怒鳴り散らしてバカ騒ぎする忘年会とは全く違う。
かと言ってしんみりして肩が凝る時間でもない。

そんな風にこの忘年会をとらえてくれてお二人でご参加して頂いたことが嬉しいのだ。

義理でもない、打算的でもない
「忘年会」という大義名分を活かしすつ“集う”コトは
とても貴重な時間だ。

その時間を支えてくれる素敵なお店も
毎年決まっている。

いい空気といい時間をありがとうございました。

早くも、“来年の忘年会”をやる予定が決まりました(^^ゞ。

 




【Xmasクイズの正解】
あす発表します。









曇@三十日です。
自分の身の回りの片付けをやりつつ来てくれて、ありがとうございます。

2012/12/29

好不調。  移動の達人

一年間を通してみれば、
必ず売り上げの変動月がある。

毎月、単純計算をして年間の売り上げ予測が出来ればいいが
そうはいかない。

ただ、毎月の傾向を知る事は出来る。

無計画やその場限りで事業を行っていれば別だが、通常は考えてビジネスをやるものだ。

ポイントは、不調の時にどんな対応をするかにかかっている。

そのための、
心構えや事前の準備が大切となる。

また、それが実はその企業の実力であったりする。

単月で赤字の月があったとしても、
年間でなんとかする事が経営では必要である。

急にはそんな対応や発想も持てないので、
今から、取り組んでも早すぎる事はない。






【最終ヒント】
区切りがいい回数。








晴@あと3日。
いよいよ年末。そんな時間を楽しみながら来てくれてありがとうございます。

2012/12/28

「努力の天才」  移動の達人

悲しい事です。

大ファンである、
大リーガー松井秀喜選手が現役引退です。

アメリカ大リーグで活躍している10年間で
10試合ぐらいは応援に駆けつけたでしょうか?

その度に、
松井秀喜選手の野球への真剣な取り組みや
コメントに対して沢山の示唆を感じました。

プロフェッショナルの言動がどれだけ
勇気づけられるのかを教えられました。

プロの厳しさや
素晴らしさを
十分に感じさせてくれました。

カラダでを酷使してきた日々に、
お疲れ様でしたとありがとう。と言いたいです。

努力は地道なことです。
かつての監督である恩師の山下監督は、
いつも松井秀喜選手の事を
「努力の天才」と言います。

一流のアスリートとしての現役はひとまず終わりましたが、
また新たなステージが始まることでしょう。

日野は生涯ファンなんです。

いつまでも応援して行きます。

松井秀喜選手、ありがとう。







【ヒント3】
平日はコートに立たない。

2012/12/27

9つの質問。<4,211本目>  ひとりごと

今年2012年を振り返る時。

自分が「やったコト」と
「やらなかったコト」を思い出してください。

そして以下の質問に回答してみてください。
         
(1) 考えたか?

(2) 計画したか?

(3) 取り組んだか?

(4) 工夫したか?

(5) 諦めなかったか?

(6) 「できたか?」

(7) 「できなかったか?」

(8) 「問題点」の根本は?

(9) “来週”から取り組むコト


以上のコトを“今”、
自分の手帳に書き出してみてください。

そこから何が見えますか?

どんな気持ちになりましたか?

さらけ出せましたか?

カッコつけすぎていませんか?

反省はサルでもできます。

自分しかできないことがあります。
自分ではできないこともあります。

その話しを日野としましょう!







【ヒント3】
9月は3回。










晴@う〜、寒っ。
今年もあと5日です!って来てくれてありがとうございます。















2012/12/26

繁盛しているお店。<4,210本目>  ひとりごと

お客様はいつでも“特別扱い”して欲しいのだ。

忘年会シーズンもピークを過ぎているが、
クリスマスの余韻もあり街の中には夜多くの人が出歩く。

繁忙期になればなるほど、
お客様に対してのサービスも“薄まり”がちになる。

それでも、そんな時に限って
お客様は“わがまま”になる。

ついつい、売る側としては
「何もこんなに忙しい時に・・・」なんて思ってしまうのだが、
実は、買う側も同じことを考えているのだ。

こんなに忙しい中で、
“自分だけ”を見て欲しいのだ。

自分を特別扱いして欲しいのだ。

そこまでいかなくても、キチンと“認識”して欲しいのだ。

「その他大勢」の一人になりたいとは決して思っていない。

繁盛しているお店は、そのあたりがきちんと対応できている。

それは一朝一夕にできるコトでもなく、
また必ず、“準備”が必要だ。

ぶっつけ本番でその忙しさを迎えてしまえば、
混乱をし、
ただただお客様に迷惑をかけて不満が噴出するだけになる。

年内の営業も残り1週間を切った。

大変だろうが、
まだ準備できるコトはある。

それは年末対策だけではなく、
新たに迎える年のスタートの準備だと言うことも忘れないでおきたい。

クリスマス気分から年末気分へ、
着々と時間は進んでいる。

自分はどれだけ着々と前に進めているかも確認したい。



【ヒント2】
3月末時点で13回。












晴@最低気温0度。
曜日感覚が無くなりつつある週に、元気に来てくれてありがとうございます。



2012/12/25

Xmasクイズ!<4,209本目>  ひとりごと

今年はテニスを頑張りました。

目標としていたのは「年間50回」。
昨年はその目標を達成できました。

今年は「テニスの位置づけ」を変えました。

それは、今までは、
「時間があったらテニスをする。」
でしたが、
「自分の人生の中でテニスは大切な時間」
としました。

大袈裟なことではないのですが、
テニスをして得たコトは振り返ってみれば大きな意味がありました。

そのテニスを自分の中で大切にすると言うことです。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、今年は「何回」出来たでしょう。

もう今年はコートに立つことはありません。

正解者にはステキなプレゼントを用意しています。

応募はこのブログのコメントでもいいし、直接メールでも構いません。

同じ回答だった場合は先に応募した方が勝ちです。
締切は12月30日。
毎日、ヒントを一つづつ、合計で5つ出していきます。

・ヒント1
昨年実績「54回」。













晴@クリスマス。
あと1週間気合入れて頑張るぞーって来てくれてありがとうございます。

2012/12/24

サンタクロースは来る?<4,208本目>  ひとりごと

「♪恋人がサンタクロース♪」の歌がよく流行りました。
(日野的には今年は断然、山下達郎ですけどね♪)

今でもこの時期には流れますね。

このフレーズのいいところは、
「待ち望んでいるコトが恋人である」と言うところです。

商売をやっていれば必ずお客様がいます。

お客様にとって、自分がやっているコトは“サンタクロース的”であるかどうかを
今日一日は考えてもいいでしょう。

「クリスマスなんて自分の商売に関係ない!」
って思っているだけで、既に頭は硬直化しているでしょう。

なぜなら、クリスマスはもともとは宗教のセレモニーですね。

それが、日本では違う“イベント”として
日常生活に存在しているのです。

だから、クリスマスの時期の華やかさや楽しさに抵抗感がないのです。

お客様は商売のコトを考えているのではなく、
自分の“感覚”で消費を決めます。

その感覚にはクリスマスはしっかりと根付いていますね。

となれば、一つのビジネスチャンスと捉えることが自然です。

休日となったクリスマスイヴは
どんなことをして過ごすのでしょうね?

何もなくてもワクワク知る感じが良いですね。













晴@最高予想6℃。
3連休の人も年末最後のお仕事週の人も来てくれてありがとうございます。




2012/12/23

ちょっとだけ映像です。<4,207本目>  ひとりごと

2012年12月9日(日)に開催した
「“脳”を揺さぶるビジネスフォーラム2013」のDVDを毎年作成しています。

おかげ様で、
“脳”を揺さぶるビジネスフォーラム2013へ来れなかった人も、
実は来た人もご購入頂いております。
ありがとうございます。

(お得な「先行予約」ご購入方法は既に「メルマガ読者限定」でお知らせしています。)

収録内容は
・今年の講演テーマ
お客様の心をわしづかみにする〜経営習慣とは〜
約70分
・「ビジネススター誕生!」
・「ビジネス交流会」のスナップショットを中心とした
サプライズエンドロール約10分
の構成予定です。

「ビジネススター大賞」受賞者もダイジェストでは流れます。


12月25日までにお申し込みいただくと、年内にお届けが可能です。

先行予約の4つの特典として、
・当日参加した人しか目にしていない「レジュメ」
・無料「FAX相談シート」(2万円相当)
・「moreなありがとうございます。」シール(500円相当)
・送料は全国どこへでも日野が負担
です。

メルマガに現時点で未登録の方で
ご希望の方はFAXにて下記事項を漏れなくご記入のうえ送信ください。

1.お届け先住所(郵便番号)
2.お届け先電話番号
3.お届け先お名前

FAX 0532-54-0059
「DVD先行予約」係













晴@グッと冷え込み。
クリスマスイブイブの日曜日にさわやかに来て頂きありがとうございます。



2012/12/22

毎年やるコト。<4,206本目>  ひとりごと

年末が近づくと、
「今年1年の振り返り」をするようになる。

そんな時に、あまりにも月並みですが、
「一年が早いなぁ〜。」
「時間が経つのはあっという間だなぁ〜。」
です。

それでも、年に1回でも毎年続けていることも少なくありません。

若い時は、(今でも十分に若い“つもり”ですが(^^ゞ。)
大切だと感じていなかったことが、
年齢を重ねてくるにつれて、
それは貴重だったことに気がつき始めます。

どうってことはないですが、
日野はお正月(元旦)午前中に必ず初詣に行きます。

誰でも行くことでしょうが、
近所の神社へ行くのです。

人混みもなくどちらかと言えばひっそりとしていますが、
この「習慣」は30年近く欠かしたことがありません。

と同時に、
大晦日からお正月にかけての時間を
生まれ育った豊橋以外で過ごしたこともありません。

芸能人がハワイでお正月を過ごすなんてことが
一般の人でも見受けられますが、
そんなことをしたことがありません。

これからもしないでしょう。

たかだか近所での初詣ですが、
毎年必ずなのです。

だからどうってことはないですよ。

でも、30年続けてくると
「あ〜、あんな時もあったなぁ。こんな時もあったなぁ〜。」
と感じることだけで
自分が十分happyであるとも思えるのです。

自らの気持ちが動いて毎年続ける事を
これからも大切にしたいと感じます。













雨@気温はちょっと上がり。
3連休スタートの人もそうでない人も週末に来てくれてありがとうございます。

2012/12/21

朝と夜の時間。<4,205本目>  ひとりごと

「どちらが仕事の効率が良いか?」

そんな質問やノウハウ本も多い。

実際にはどっちでもイイ感じがするし、
夜は人間はやはり睡眠が必要なのでじっくり眠る方が良い。

とは言っても深夜業務があって世の中は回っているので、
交代でそのお仕事についている人には本当にご苦労さまだと思う。

でも常時、夜に仕事をしているのであれば、
それは昔なら(今でもそうかな?)“泥棒さん”しかいない。

世間様に見つからないようにするために夜を選んだ“仕事”なんだろうからね。

まぁ、そんなことはどうでもいいですが、
「冬至」ですね。

一年で最も昼間の時間が短い日です。
一日は24時間なので、夜が最も長い日でもあります。

昼間の時間が変化しても仕事の時間は基本的に変わることがないので、
明るいうちにやった方が良い仕事は
ちょっと“早め”のスピード感が必要でしょう。

これからはどんどん日が長くなるって言うのはなんだか春を感じるので好きです。

まだまだ、気温は下がっていくのでしょうが、
明るい時間が増えるのはいいものです。

日照時間の明るさだけではなく、
“気持ちの明るさ”も日常生活には大切です。

今、ちょっと落ち込んでいるのなら
今日の冬至をきっかけに「どんどん(日照時間が増えて)明るくなる」
に便乗すればいいでしょう。

ゆず湯につかるお風呂タイムもイイよね。

先日は四国の徳島県勝浦町へ出張しましたが、
そこはまさにゆずの産地でした。

子供の頃はゆずの香りが苦手でしたが、
オトナになってからはその香りの良さもわかるようになりました。

日が伸びるのを自分の成長に合わせて、
どんどん伸びていくのを実感したいものです。













晴@冬至。
グッと冷え込んでも張り切る週末に来てくれてありがとうございます。

2012/12/20

捨てるごみ。<4,203本目>  ひとりごと

週に2回ゴミ収集車が来るのでとても助かります。

全国どこの地域でも同じでしょうが、
定期的にごみ収集をしてくれるので、
大量にたまらないからありがたいのです。

それでもやはり、年末になれば一年間でたまったものを処分する必要も出てきます。

その中で一番多いのが「紙」です。

例えばA4サイズの紙は1枚だと
あるのかないのか分からないぐらい軽くて薄いものなのです。

ところがこれが枚数が増えると、とてつもなく重くなります。
雑誌やパンフレットの束や
新聞紙の束を想像していただければ容易にわかるはずです。

一枚ではなんともないことが、
積み重なったり、数が多くなるとその姿は変貌するのです。

ゴミをできるだけ出さないようにするように心がけているので、
書店へ行って本を書く時は
基本的にブックカバーをつけてもらわない。

自分のカバンを持っている時はそのまま書籍を受け取り、
お店の袋にも入れてもらわないようにしています。

年間に何十回と書店を利用するのでそれだけでも
ささやかではありますがごみが減ります。

片付けやお掃除の本を読んでいると
「ためらわずに捨てちゃえ!」的なニュアンスの事が書いてあることが少なくありません。

でも、それ以上に
「ゴミになりそうなものを買わない(手に入れない)」
コトの方が大切ですね。

理屈だけでは捨てられないモノ
例えば“思い出の品”もあるでしょうが、
しっかりと思い出として保管をしておくか、
思い出も捨て去るかの選択をする時期があってもいいでしょう。

今年もあと10日となり
そんないろいろなことも考える時期ですね。














晴@寒いね。
風邪をひいたり体調を壊さないようにして来てくれてありがとうございます。

2012/12/19

お店は見せないとね。<4,202本目>  ひとりごと

売れるお店の研究はよくされている。
売れないお店の研究もよくされている。

ただ、どうすれば売れるかは実際に自分の商売に当てはめてみた時に、
なかなか答えを見いだせないでいる経営者も少なくない。

もちろん試行錯誤をして、
売れる方法を探っていくのだが、それすらやらない経営者も少なくないのが現状だ。

勉強していないのだ。

勉強をしていなくて売れ始めるはずもないことは分かっているはずだ。

その勉強時間の確保が実は最優先のはずなのに、
「時間がない。」と優先順位を下げてしまうのだ。

目先のコトだけにとらわれ過ぎていて、
“仕事をした気分”に浸っているのだ。

確かに営業と称して出掛けたり、
雑務をこなしたりしていると時間は過ぎていく。

その時間が仕事だと言えばそれまでだが、
経営トップが取り組まなければいけない優先順位はそこではない。

もし、お店を持って営業をしているのなら、
お店の事が最優先なのだ。

どんな風にお店がお客様から見えているか?

「お見せ」なのである。

その際に決して店の中だけを見ないことだ。

お客様はまだお店に入ってきていないのだから、
お店の外から自分のお店を見るといい。

キチンと店頭は清掃されているのか?
看板や、ポスターは古くなっていないか?
余分なモノや不要なものが店頭に放置されていないか?

その“現象”をお客様は事実としてとらえる。

そしてのその先には、
感覚的にそのお店が好きになるか嫌いになるかを瞬時に感じる。

一度嫌われてしまったら、
もうほとんどの場合が来店していただけないだろう。

お客様との接点はいつもピカピカにしておかないと。
営業が主体の商売ならば、
営業マンはいつもピカピカの表情でいないと。

そして明るく元気がいい雰囲気を出さないと。

営業マンは自分をしっかりとお客様に「お見せ」しないと!

内面はもちろん大事だが、
それと比べものにならないぐらい
見えている部分は大切なのだ!

いつも見られているぞ!













晴@この冬最低気温。
乾燥に喉をやられないように注意しながら来てくれてありがとうございます。

2012/12/18

曜日よりも日にち。<4,201本目>  ひとりごと

今週末は、天皇誕生日が来週月曜日にある関係で
世間様は3連休になるんですね。

自営業は、週末とか祝日とか
あまり曜日は関係なく動き回っていますが、
やはり12月はの後半はちょっと違いますね。

日野が小学生の頃は
クリスマスイブ(12月24日)に通知表をもらって、
ドキドキしながら家に帰ってから一人でこっそり見て、
成績を確認しておいて、
夕食前に親にそっと見せて“薫陶”を受けていました(^^ゞ。

それ以降は冬休みですが、
米屋の息子は「おもちつき」で大忙し。

商売屋の稼ぎ時はまさに年末だったのです。

そんな時は、曜日感覚は全くなし。
25日 ああ、クリスマス。
26日 おもちつきの準備にアルバイトの高校生のお兄さんへ(小学生が)教育(^^ゞ
27日 おもちつき開始
28日 午前3時起きでおもちつき
29日 朝からおもちつきと翌日の仕込み
30日 午前2時に起床しておもちつき
31日 おもちつき片付け、大掃除、お正月の準備

フル回転の商売屋です。

友達が、スキーや旅行だと言っているけれど
全く気になりませんでした。

今思えば、
それが「商売屋の宿命だ!」ぐらいの気だったんですかね。

商売屋のせがれの血が今のお仕事にも活かされていますよ。












晴@ちょっと曇りがち。
今週はちょっとスピードアップで来てくれてありがとうございます。

2012/12/17

気持ちの切り替え。<4,200本目>  ひとりごと

1年間で50回の月曜日がある(それ以上の年も)。

流通サービス業の場合は日曜日に営業をして、
平日がお休みのとことが多いが、
それでも世の中は月曜日スタートの感覚がある。

毎月1日とかも同じであるが、
何かが始まる感じがある。

特に今月は
年末年始と言う、日本人が大切にしている「気持ちの動き」がある。

あまり新年などを意識しないような日常生活にはなってきているが、
それでも
やはり「今年もあと2週間ほどだなぁ〜」と
カレンダーを見つめながら思う。

日野はカレンダーが好きなのでよく見る。

月が変わると言う事実は同じなのだが、
それと同時に年が変わるのは何だ別の感情が生まれる。

そんな慌ただしくも気ぜわしい時間が、
なんとなく嫌いじゃない。

さて、月曜日!
今週の充実度が来年につながりそうですね。

本日発行のメルマガの特典もお見逃しなく!

年内には「シークレットイベント」も企画していますよ。













曇@風なし。
頑張ります!って言葉がピッタリな週の初めに来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ