2012/10/25

腐らない鮮度感。<4,147本目>  ひとりごと

先日の出張時に飛行機内で聞いた音楽番組で、
山下達郎のベストアルバムが出ていることを知りました。

買っちゃいました。
OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012
クリックすると元のサイズで表示します
山下達郎

まぁ、このイラストがご本人に似ているかどうかはおいておいて…。

懐かしい感じもしますがとても”いい感じ”です。

青春時代を思い出すし、今でも決して色あせていないメロディーです。

機内で聞いた音楽番組で山下達郎自身が言っていた言葉で
印象的なことがあります。

「ボクの音楽は、美しいメロディーと強いビートだ。」と言っていました。
まさにその通りの楽曲です。

そこにはもちろん好みがあるので好き嫌いはあると思いますが、
その次に言った言葉が特に印象的です。

「レコーディングしている時はその時その時代の最新の技術を使う。
楽曲をいかによく聞いていただくかのために、
その時代のテクノロジーには惜しみなく取り組む。」
と言うことです。

ビジネスに置き換えると、
商品コンセプトや、企業としての思想は変わらないが、
「手段」としてはその時代の最新のものに取り組むということになります。

ところが、目先にばかり気を取られると、
(販売の)「手段」ばかりに振り回されます。

大切なことは
戦術よりも、戦略が経営には上位概念だということを言っていることと同じですね。

めったに聞かないウォークマン(実際にはiPhone)を、
この秋の“出張のお供”に従えています。











曇@岡山から鳥取へ。
張り切っていい時間を過ごしながら来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ