2012/7/16

本当に利器か?<4,041本目>  ひとりごと

父からリクエストがあった。

「電話(FAX)が壊れた。」
「(パソコンの)プリンターが動かない。」

おかげ様で、80歳を共に超えた両親は二人で仲良く(?)暮らしている。

近くに住んでいるので、何とかちょっとした時間にも
“憎まれ口”をたたきに顔を出す。

その時は、いろいろな上記のような事があるのだ。

早速家電店へ行き、
新しい電話を購入した。

両親のところへ設定に行き、普通に電話は使えるようになった。

それでも今どきの電気機器の
「初期設定」は厄介なものだ。

今まで登録してあった、電話番号をまた登録し直さなければいけない。

着信音をどの曲にするか?
何回鳴るようにするか?
ボリュームはどれぐらいが良いのか?
FAX送信先はワンタッチ登録できるのか?
などなど、などなど・・・。

時間が無かったので一通りの設定をして
当面困らないようにだけ設定をして一旦帰った。

それから数時間後に再度行ったのが、
「あれだけの説明書を見るのも大変だ。」
「よくわからん!ところがある。」

父はもともと、“マメな人”なので、
日野が帰った後も自分でいろいろ“カスタマイズ”していたようだ。

いま84歳になるが、79歳の時に
インターネットがやりたいと言い出したので、
光回線を引いてノートパソコンを与えた。

ぎこちないが、マウスも操る。

今では、年賀状は自分で入力した「筆まめ」でプリントアウトして発送している。

それでも、
「世の中がこんなに便利になったけれど、
“年寄”は文明の利器に振り回されて、溺れちゃうわなぁ〜。」
と笑う。

本来の文明の利器は、
「便利な道具」であるはずだが、
高齢化社会の日本ではどうなんだろうね?

“本当の豊か”を考える機会を一瞬持ちました。

設定をしている横で、
母が、
「わたしゃ、な〜ンもわからんけど、おじいさんはよくやるねー。」
と羨望の眼差しを送りつつ、

「こんなことはできないのかね、あんなことはできないのかね?」
と、
これまた“身勝手なリクエスト”をどんどん押しつけてくる。

「今、(そのために)いろいろやってんの!」
って
言い返しながら老夫婦と、
すっかりおっさんになった息子の会話は“弾む”のでした。












曇@まだ梅雨だよね?
月曜日だけれど、休日の人も来てくれてありがとうございます。
メルマガは、明日配信です。

2012/7/15

活字に触れる。<4,040本目>  ひとりごと

本を図書館で借りることはないなぁ。

本はどんどん買っちゃいます。

ビジネス書はもちろんですが・・・・・。

プラチナデータ
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり東野圭吾作品は外せないですね。

本屋さんへ行って、
いろいろなジャンルの本をパラパラと見るのもとても楽しい時間です。

データでみると、
「本を読まない人」の理由を聞くと、

「時間がない。」が第1位となります。

このフレーズを言う人は、
何をやっても結局、同じことを言っている人です。

ビジネスでも同じでしょう。

業績絶好調の社長さんが言っていました。

「時間がなくて忙しいって言うけれど、
オマエはSMAPより忙しいか?
って聞いてやります。」

本を読んでいなくて、
「読んだ方がいい。」と少しでも思うのなら、
「(本は)買った方が断然いい。」

買ってみるとわかる。
買わないとわからない。

1時間ぐらいはきちんと本を読む時間を作る日曜日にしないとね。











曇@湿気も多い。
3連休の谷間に来てくれてありがとうございます。


2012/7/14

パソコンが熱い。<4,039本目>  ひとりごと

もともとパソコンなどの電子製品は、“高熱“を発する。

だから、冷却用のファンがついていて、冷やしているのだ。

冬場は部屋の中でパソコンを使っていると、その熱でちょっとした暖房替わりの役目を果たすこともある。

ところが逆に、夏場はこれが結構暑い。

もちろんファンは回っているのだが、
それ以上に部屋の温度も上昇している。

オフィスにこもって仕事をする時もたまにはあるので、今の時期は部屋が熱くなる。

かと言ってエアコンをガンガン入れるのも好きではないので、
汗かきながら仕事をすることとなる。

まぁ、汗をかく事はさほど苦にならないのでいいのだが、
パソコンのファンから流れてくる風の流れはちょっと不快だ。

小さな扇風機をパソコンに当てるなどして対応している。

そうでないとパソコンも、暑さと自身が発する熱の熱さで“夏バテ”していまいそうだからだ。

人間だけ快適に過ごそうと思っていちゃいけませんぜ。

ちゃんといつも使っているビジネスツールたちにも愛情をね!













晴@蒸し暑いね。
3連休がスタートの人もお仕事の人も元気に来てくれてありがとうございます。

2012/7/13

確実に衰えているなぁ。<4,038本目>  ひとりごと

ちょっとネガティブな話になっちゃいますが、
人の名前が思い出せません。

顔は浮かんでいるのに、名前がさっぱり出てこないのです。
その人との会話もはっきりと思い出せるのに、
どこでどんな話をしたかも思い出せるのに、
名前だけが出てきません。

あ〜、脳が“退化“しているんだなぁ〜。

このままではボケちゃいますね。

脳も“筋力”みたいな事があるんでしょうね。

だから、鍛えなければ衰える一方なんでしょう。

人間の脳は25歳を過ぎると衰えていくと言われています。

アタマではなく、カラダに覚え込ませればいいんだ。
「自然に体が反応しちゃう!」状態にすれば
(脳で)考えなくても出来るようになるんだろうな。

怠けずにやっぱり、日々鍛えなきゃ!













雲@蒸し暑く最高予想気温30度!
おい、週末だよ。しっかり頑張りながら来てくれてありがとうございます。

2012/7/12

人気の朝市。  移動の達人

長野県の下伊那郡に個別コンサルティングで出張に来ました。


せっかくなので宿泊して、
昼神温泉名物、朝市を体感。



雨模様の中でも観光客が、ゾロゾロと散歩がてら買い物をしています。

年中無休で毎朝6:00〜開催しています。

無料のお茶を係りの人が出してくれるスペースもあり、ほんわかしたコミュニティが生まれています。


市の出店者は高齢のおばあちゃんが一人で野菜を売っていたり、
オジサンが試食をガンガン勧めて売っていたりと、そのスタイルもまちまちです。


でも、観光客気分にはそんなチョットした非日常が楽しみです。
しまった、写真を撮り忘れた(^^;;。


観光で来たわけではないので、速攻で帰って仕事をしますよ。

2012/7/11

マルチタスクがいい。<4,036本目>  ひとりごと

いろんなことを「並行して」こなせるのがいいなぁ。

そして、かなり前から日野が興味があるのは「お料理」。

実際には全くできないのですけどね。
それこそキャベツの千切りが、トントントントンって切れちゃったらすごいなぁと感じるわけ。

ピアノが弾けるぐらい尊敬しちゃうよ。

料理ができる人のスゴイところは、
「いろいろな工程を同時に進行させる」と言うところ。

まさにマルチタスクだ。
そして、その並行している作業が
「ちゃんとシナリオ通りの順番」になっているところがまたすごい。

結局”手際”がいい人がお料理上手なんだよね。

お腹が空いている時に「2時間待って!」言われてもできないからね。

“タイムリーさ”がとても大切な要因だと感じる。

そうなると、やっぱり「段取り」だろう。
全体像が見えているということも必要になってくる。

料理やるとなると、道具も欲しくなるし、器も欲しくなるんだろうね。

食材に関しては、それなりに今までの関心が高かったからクリアできるけど、
なによりも、“手際の良さ”や“段取りの良さ”を身に付けないとね。

これも理論とともに練習量が必要ですね。

たまにやっているぐらいじゃ、ちっともうまくならないことは承知です。
(実際には全くやっていない。)

でもカッコいいエプロンだけは調達済みですよ。













晴@午後から長野県出張。
お天気下り坂でも、気分上り坂で来てくれてありがとうございます。

2012/7/10

逃げると追いかけられる。<4,035本目>  ひとりごと

ちょっとした不具合や、上手くいかなくなった時の対処の仕方で
結果に大きな差が出てくる。

気乗りがしない時や、
横着をしたときは、ついつい「先送り」をしてしまうことがある。

“その場しのぎ”と言ってもいいだろう。

その場は“うまくいった”あるいは“うまくかわした”と思っていても、
それは実は自分だけであったりするのだ。

まわりはすっかりと“見透かし”ており、
本当の事はバレバレである。

本来は「何をしなければいけないか?」がわかっているはずなのに、
気がつこうとしない。

実は知っているのだが、そこに目を向けようとしない。

目を向ければどうなるかがわかっているから、
逃げるのだ。

でも逃げれば逃げるほど、
“相手”は追っかけてくる。

追いかけられれば、さらに逃げるための“口実”を考える。

そうするとどんどん状況は悪くなる。

結果、「時間が無い。」とか
「いまさらどうしようもない。」とか、
これまたもっともらしい言い訳をして事を済まそうとする。

問題の解決には一つもならない。

問題が積み重なっていくだけだ。

やがて、それは“崩壊”へと向かう。

でも、それは自分が招いたことだと知っておくことだろう。

だから、自分で自分の結果を変えることが出来るのだ。

立ち向かうことなのだ。
素直に自分と向き合うことなのだ。

薄っぺらな“プライド”はいらない。












晴@最高予想気温28度。
昼間は暑いですね、気持ちも熱いですね。来てくれてありがとうございます。



2012/7/9

集中する時。<4,034本目>  ひとりごと

不思議と言えば不思議だけれど、
「集中している時は時間が短い。」

当たり前だけれどそうなんだよな。

集中するには、
環境を整えたり、
取り組み時間帯を考えたり、
ヤルコトの焦点を絞ったりすることが大切だ。

身近な集中力発揮の場面はきっと
「(本の)立ち読み」の時かな。

立っているという
ある意味で悪条件が、逆に集中させるのかもしれない。

「全部条件がそろっていないと出来ない。」
では、実際には実力が無いということだけなんだろう。

好きな事をやっていても時間を短く感じる。

集中すれば、“濃い時間”が過ごせるね。













晴@暑くなりそう。
月曜日はスタートダッシュとメルマガの日に来てくれてありがとうございます。

2012/7/8

チャンピオンも負ける。<4,033本目>  ひとりごと

テニスのグランドスラム大会、
ロンドンで開催中のウインブルドン大会が残すところあと男子決勝のみだ。

注目の準決勝は、
昨年のディフェンディンチャンピオンで
今年1年間世界ランキング1位を守ってきたノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)と、
3年ぶりの優勝を目指す、かつてのチャンピオン、ロジャー・フェデラー選手(スイス)の対決だ。

ノバク・ジョコビッチ選手は25歳、ロジャー・フェデラー選手は30歳。

年齢的に見ても、世界ランキング的に見ても
試合前の解説者のコメントを聞いていてもノバク・ジョコビッチ選手“優位”だ。

ただ、ウインブルドン大会において過去6度の優勝を誇る「芝の王者」
の実績があるフェデラー選手が
6―3、3―6、6―4、6―3で破ったのだ。

1球1球のショットの見応えはもちろんあるがそれ以上に両選手の「集中力」と「気迫」は凄い。

TV画面からも十分に伝わってくる。

フェデラー選手はウインブルドン大会史上最多8度目の決勝進出を果たしたのだ。

しっかりとした目標と、戦略を持って戦っているのがわかる。

ビジネスでも使われる「戦略」。
どこまで練っているのだろうか?

“勝てない”、と勝負の前からあきらめていないだろうか?

“やってみないとわからない”が、それ以前に“やること”があることも十分に知っている。

ハードヒット全盛時代に
バックハンドをシングルハンドで
きれいなスライスショットを打つフェデラー選手は美しい。

そう言えば、
かつての女王、シュティフー・グラフ選手もシングルハンドの美しいバックハンドスライスショットも持っていたなぁ。

日野のテニススタイルも
もちろんシングルハンドのスライスショットを打ちますよ。

2012年の男子決勝は、地元イギリスのアンディ・マリー選手との対戦だ。
アンディ・マリー選手は英国男子として
1936年のフレッド・ペリー以来の栄冠獲得を目指す。

フェデラー選手にとっては“完全なアウェイ”だが、
それだからこそ燃える心があるだろう。

それぞれがそれぞれの強い思いを持って戦う試合は見逃せない。














快晴@気持ちイイ〜。
日曜日も早めの動きで来てくれてありがとうございます。

2012/7/7

コストダウンのやり方。<4,032本目>  ひとりごと

社内の経費をどうやって落とすかと言う何げない会話の中で、
室内の蛍光灯ひとつずつに、
”スイッチの紐”がぶら下がっている。

使っていない時はそこでオンオフをすれば簡単!

よくある話だ。

そしてある若手社長との会話の中で、
「わが社はコピー(トナー)代が年間300万円ぐらいかかる。」

そこで、「社内で使い書類(のコピーやプリントアウトなど)は、
印字品質を50%落としてプリントアウトする。」

その積み重ねで「コピー代が半額になった。」
と言うのだ。

その、まるまる150万円が純利益になった、
と言うことである。

(会社が)大きくなればなるほど、無駄が出てくる。
その分“小さな改善”を積み重ねると、
大きなコストダウンにつながるのだ。

中小企業は、そんな当たり前のことができているところが強い。

売上もコストダウンも
「しっかり考えろ!」と言うことだ。

知恵を絞らなきゃぁ、面白いビジネスなんてできやしない。

アタマの柔軟体操をしないとね。











雨@ザーザー。
七夕にロマンティックなひとときを期待して来てくれてありがとうございます。

2012/7/6

やらなきゃいけないなら。<4,031本目>  ひとりごと

やるしかないんだよね。

それをやらないのは、
やらなくても困らないから?

困るけど、やらないのならサボりだな。

そうでないなら、やる力がないんだよ。

自分が力があるなんて思っていてもたいしたことがないんだよな。

「優先順位を決めて…。」なんて言っている前に、
やっちゃわないと。

やろうとしている時に限って、
新しいことに閃いたり、余分なことをやり始めたり…。

でもそんなことは、今に始まったことじゃない。

やっぱり、「すぐにやる」が一番効率的であり、
優先順位を考える時間も短縮できるんだね。

やらないでいいことはやめちゃえばいい。

迷っている時間ももったいないぞ。

じゃ、今日は何をやっつけちゃう?











朝靄@中小企業大学校瀬戸校。
ふーっ、週末だよね、って来てくれてありがとうございます。

2012/7/5

必死のmoreメソッド  移動の達人

ガンガン頑張っています。
----
脳も揺さぶっています。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/7/5

学びが成長を加速する。<4,029本目>  ひとりごと

もう22年も続いている中小企業大学校の「経営管理者養成コース」。

日野も10年以上前から関わっていますが、
今年で第22期です。

6月から始まって、
毎月4日間を6か月間続けるという長期の研修コースです。

それぞれの毎月テーマが変わっていて、
経営者、次世代経営者(二代目三代目)、経営幹部の方が真剣に学んでいます。

日野の担当は
今月3日間(ゼミを含めれば4日間、合計で30時間)たっぷりと「経営戦略・経営計画」をテーマに講義です。

内容は
・経営戦略の考え方とマーケティングの知識
・ITを活用したマーケティング戦略
・経営戦略・経営計画の策定
となります。

もちろん「moreメソッド」もやります。

年齢も違い、性別も違い、
業種も違い、業績も違う。

そんなメンバーが泊まり込みで自分のビジネスを学び、
自分のビジネスを語り合います。

卒業をしてからも、本当の人脈が培われています。
まだまだ頑張れる余地はたくさんあることに気がついてくれればいいですね。

これが自分の財産になります。

受講中のみなさま。
クリックすると元のサイズで表示します
真剣なまなざしですよ。(ご本人たちに許可を得ています)

本日も続きます。











晴@中小企業大学校瀬戸校。
暑さにも負けずに来てくれてありがとうございます。


2012/7/4

勝負はいつでもし烈。<4,028本目>  ひとりごと

スポーツの世界は、予想ができない。

ビジネスの世界でも、予測はできるが予想はできないのと同じだ。

テニスのグランドスラム大会の一つ、
ウインブルドン(全英オープン)大会が白熱してきた。

女子で日本でもとても人気がある第一シードのマリア・シャラポワ選手が敗れる波乱があったが、その勝者が
今度はベスト4へ進めなかったのだ。

第15シードのサビーネ・リシツキ選手は
シャラポワ選手を破った勢いで第8シードのアンジェリック・ケルバー選手との
ドイツ勢対決に臨んだのだが第1セットを3-6で落とした。

ここから粘りを見せ、タイブレークに持ち込み第2セット取り返す。

セットカウント1−1なので、第3セット(先に6ゲームを取った方が勝ち)を取れば勝てるのだ。

その第3セットでも5-3とリードし、
サービング・フォー・ザ・マッチ(あと1ポイントとれば勝ち)を迎えながら、それが取れなかった。

たった1ポイントである。
フレームショットでも、ネットインでも、
イレギュラーバウンドで相手が返さなくても、
芝生で足を滑らせて返球が来なくても何でもいいのだ。

こちらからエースを取らなくても、
1ポイントが転がり込んでくれば勝ちなのだ。

このゲームが取れなかったとしても、まだ「5−4」なので、
リードは変わらない。

次のゲームを取れば「6−4」で勝てる。

またまた取れなくてもまだ「5−5」のタイスコアだ。

そこから先に2ゲームを連取すればまだ勝ちの余地はあったのだ。

結果は、「5−7」で負けた。

勝負は終わってみなければわからないが、
悔やみきれない勝負だっただろう。

でも勝負の世界では、その「たった1ポイント」が本当の差だとも言われる。

ビジネスでも、ちょっとした“経営のほころび”が
会社をパンクさせる原因にもなることがある。

緊張感をいつも持って集中することが、
必要なのだ。

し烈な戦いがあるからこそ、
お互いのレベルアップもできる。

自分の(ビジネスの)実力を発揮できるフィールドをきちんと確立して、
そこで大いに勝負に挑んでみよう!











晴@今夏最高予想気温?
中小企業大学校瀬戸校の講義も熱く、来てくれてありがとうございます。


2012/7/3

いっぱいいっぱいでいいじゃん!<4,027本目>  ひとりごと

アレもやりたい。

コレもやりたい。

あんなこともこんなことも・・・、やっぱりヤリたい!

それを考えているだけでも時間が無くなる。

でも、どれだけやれているかと言えば
たいしてやれていなかったりする。

出来ることをイメージして始めるのも
もちろんいいが、
やり始めてから加速度がつくことだって少なくない。

パンク状態になったっていいじゃん。

「暇つぶし〜」なんて言う時間があっても
もったいない。

「も〜、何とかして〜」って言うような状況に追い込まれたり、
自分で追い込んだりして過ごすのが一番いいような気がする。

それが結果的に、いい成果が出るのかもしれない。

例えば、
読みたい本がいっぱいあるさ、
読まなきゃいけない本もたくさんあるさ。

それでも本は買っちゃうさ!
みたいな感じで過ごしています。













晴@中小企業大学校瀬戸校で4日間講義始まり。
暑くなりそうな日に熱く来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ