2012/4/23

リズムを刻む。<3,954本目>  ひとりごと

時計の針が、正確に時を刻むように、
一日の流れ、
一週間の流、
一ヶ月の流れ、
一年の流れと
同じ間隔で流れている。

ところが自分の中の”感覚”では、

長かったり、短かったりするのだ。

そこには一つのリズムがあることを意識してみよう。

音楽ではリズムが崩れれば、曲そのものが台無しになってしまう。

体調もリズムが崩れれば、何となく不調になる。、

上手くリズムに乗ることが必要なのだ。

良い意味で“流れに身を任せる“感覚だろう。

その前には、常日頃から
イレギュラーを作らずに、リズムを作っておくことだ。

言い方はいろいろあるが、「ルーティン」とか「マニュアル」って表現してしまうと、
何となく“やらされている感”が出来てしまうだろう。

自分から、良いリズムを刻んでみることだ。

それは自分のペースでいいのだ。

ただ、「今回は“特別”」なんて勝手なリズムを刻んでしまうと、
それ以降がガタガタになってしまうことも知っているはずだ。

鼻歌が出るぐらいで仕事をしていると、
きっといい仕事ができそうだ。

そんな時はきっと自分の顔も笑っているね。













小雨@晴れ間も見えてきたかな。
月曜日はメルマガ発行のリズムです。来てくれてありがとうございます。









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ