2012/4/11

カレンダーを上手く使おう!<3,942本目>  ひとりごと

経営コンサルティングのお仕事をさせて頂く中で、
社内の雰囲気がいい会社の特徴を見つけました。

それは、計画が1年単位でキチンと出来ているということです。

そしてその計画表はシンプルで、
社内の誰でもが観ることができて”共有”しています。

スタッフが30人程度のところは、
その計画表の中に社員の誕生日なども記載されています。

まさに、数年前まで言われていた
“家族的経営”なのです。

あまり難しく考えることはありません。

計画を立てるときのポイントは二つのみです。

一つは、期間を眺めて計画を立てることです。
言い換えれば、1年間を俯瞰して計画を立てるのです。

ついつい目の前のことばかりに気を取られて、
“その場しのぎ”の予定を立てがちです。

でも、それでは何年やっても進歩がありません。

一つずつしか階段は上れませんが、
ちょっと長い目で見た考え方を持つことが重要です。

もう一つのポイントは、
書き出してみると言うことです。

どんな場面でもよく言われることですが、
それだけに実は最も効果的なのです。

アタマの中で考えているのでは
スタッフに伝わりません。

ましてや、その気持ちを理解して行動に移してくれるはずもありません。

書いてあることで、
見ることが初めてできるのです。

書いた方も、いつも目にするので脳の意識の中に植え付けられます。
それが行動を変えるのです。

書き込みができる1年カレンダーを持ってきて、
そこにどんどん書き込んでいけば、
それだけで年間計画の完成です。

パソコン使って〜、エクセル使って〜、
なんて考えると億劫になりますよね。

それより先に、12枚(既に3枚捨ててしまっていると思いますが)
になっている大きめのカレンダーを1ヶ月毎にバラして机に並べ、
どんどん書いていけばいいのです。

新年度が始まった今だからこそ、
やってみる価値ありです。













曇@下り坂。
「おっ、こんなところにも桜が咲いてる〜。」って発見あるよね。
今日も来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ